『PRODUCE 101 JAPAN』元練習生 OWVが語る、グループ結成からメジャーデビューまでの心境 音楽ルーツも明かす

『PRODUCE 101 JAPAN』元練習生 OWVが語る、グループ結成からメジャーデビューまでの心境 音楽ルーツも明かす

 日本最大級のオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』に出演した、元練習生4人からなるグループ・OWVが、9月30日リリースの『UBA UBA』でメジャーデビューを果たす。楽曲の完成度の高さはもちろん、サービス精神旺盛で弁が立つ彼らが唯一無二のグループとして躍進していくのは間違いないだろう。本格始動を前に、デビューシングルへの思いや彼ら自身についてじっくり語ってもらった。「こんなにも笑いに溢れる取材はなかなかない」と感じた現場の空気感とともにお届けしたい。(高橋梓)

老若男女に愛されるようなグループになりたい

ーーデビュー日も近づいてきました。今の心境はいかがですか?

本田康祐(以下、本田):メジャーデビューという形でたくさんの方に見てもらう機会が増えるからこそ、自分たちの外見、内面、スキルなど、いろいろと向上させていかなきゃならないと思っています。グループをこれからどうしていこうか、という話をメンバーとする機会も増えました。

ーーグループとしての目標や理想は明確に決まってきましたか?

本田:グループとしてどんな風に見られたいか、将来どうなりたいか、そのために何をするか、何がしたいかというのは、メンバーとスタッフさんとで話し合っています。僕らで今考えているアーティストとしての目標は、1、2年以内に日本武道館でライブを開催することです。そして、ゆくゆくは老若男女に愛されるようなグループになりたいですね。

 僕らもいろんなアーティストに憧れてデビューしたいと思ったんですけど、OWVもそういう刺激のあるアーティストになりたいです。男性からも女性からも「OWVって素敵」、「ああいうグループになりたい」って思ってもらえて、誰かの夢に関われるようになれればいいなって4人で考えています。アイコン的な存在っていうんですかね。

Arrow
Arrow
本田康祐
ArrowArrow
Slider

ーーそんな理想像への第一歩という形で、9月30日にデビューシングルが発売されます。表題曲「UBA UBA」にはどんな思いが込められているのでしょうか。

中川勝就(以下、中川):僕たちは『PRODUCE 101 JAPAN』(以下、プデュ)で脱落するという挫折を経験している4人です。そこから這い上がるというか、下剋上というか、そういった意味が込められた歌詞になっています。パワフルで疾走感がある曲調も、僕らっぽいなって。

ーー「UBA UBA」というタイトルも変わっていますよね。

中川:「UBA UBA」は存在しない言葉ですが、語感が良い感じでつい言いたくなっちゃう。なので、それぞれが感じるままに使ってくれたらいいかなって思います。

Arrow
Arrow
中川勝就
ArrowArrow
Slider

本田:好きに使ってほしいです。例えば、何かあるたびに「今日なんかUBA UBAだよねー」みたいな。

中川:僕の解釈では気分が上がってるときとか、テンションが上がっている時に、「気分がUBA UBAしてんなー」みたいに使ってほしいですね。

佐野文哉(以下、佐野):ウハウハしてるみたいな?

中川:そうそう!(笑)

浦野秀太(以下、浦野):ウハウハっぽいですね、「UBA UBA」は……。

佐野:うまいこと自分の意見みたいにまとめた(笑)。

中川:薄いわ、いきなり(笑)!

浦野:さっきから僕めっちゃ喋りたそうな雰囲気で構えてたんだけど、全然喋れてなくて……。

一同:(爆笑)

佐野:武器を持ってるけど構えてるだけ、みたいな(笑)。

浦野:(笑)。とにかくいろんな場面で「UBA UBA」を使っていただきたいですね。ファンの方が会話の中で使ってくれて「UBA UBA? なにそれ?」、「これはOWVの1stシングルの『UBA UBA』からきてるんだよ」みたいに、僕たちを知らない人にも広まっていけばいいなって。

佐野:そういう入り口もあるよ、って?

浦野:そう。そういう入り口があってもいいんじゃないかな、って。

ーー先ほど挫折した経験、そこから這い上がっていくという意味が歌詞にも込められてるとありましたが、ご自身の気持ちが反映されているフレーズなどはありますか?

中川:僕が歌っているパートで〈いつかはVIP〉っていうリリックがあるんですが、そこには僕たちの目指すべき場所、野望や目標のようなものが込められています。今の僕たちにすごく合ってるんじゃないでしょうか。

浦野:今回のシングルに収録された3曲とも結構攻めた楽曲になっていて、様々なOWVの色が表れてるのかなって思います。

浦野:どれも「OWVっぽい曲」って思ってもらえればいいですよね。

Arrow
Arrow
浦野秀太
ArrowArrow
Slider

ーー3曲とも難しい曲だなと感じました。

中川:本当はバラードとか聴きやすい歌も入れたほうがいいのかなって思いもあったんですけど、そこもあえて……。

本田:攻めましたね。

浦野:1stシングルってことで。

ーー歌いこなすまでに苦労もあったのでは?

浦野:英語の発音はかなり苦労しました。あとは、今回文哉はラップに初挑戦したよね。

佐野:そうですね。

浦野:……。

佐野:え、黙るの? 急に丸投げなんだ……(笑)。僕、今回ラップに初挑戦したんです。そもそもがダンスのポジションだったので、歌もそこまで極めている状態じゃありませんでした。そこにプラスして、ラップっていう初めてのパートへの挑戦だったので勝就くんにサポートしてもらいましたし、歌に関しても秀太にアドバイスをもらいました。

Arrow
Arrow
佐野文哉
ArrowArrow
Slider

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる