3MCラップクルー BLOOM VASEがバイラルチャート上位に 「CHILDAYS」に垣間見えるヒップホップマナーと遊び心

参考:https://spotifycharts.com/viral/jp/weekly/latest

 Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。同チャートを1週間分集計した数値の今週分(9月24日公開:9月17日~9月23日集計分)のTOP10は以下の通り。

1位:Salem ilese「Mad at Disney」
2位:川崎鷹也「魔法の絨毯」
3位:Dynamite「BTS」
4位:BLOOM VASE「CHILDAYS」
5位:ズーカラデル「夢の恋人」
6位:もさを。「ぎゅっと。」
7位:オレンジスパイニクラブ「キンモクセイ」
8位:ひらめ「ポケットからきゅんです!」
9位:NiziU「Make you happy」
10位:YOASOBI「群青」

BLOOM VASE『BLOOM iSLAND』

 「3MCのヒップホップクルー」と聞いてどんなことを想起するだろうか。真っ先に思い浮かぶのはKICK THE CAN CREW、BUDDHA BRANDといったレジェンド。MCひとりひとりが強烈な個性をもちながらも、3人揃った場面での相乗効果は何にも替え難い。このような化学反応はまさに3MCからなるヒップホップクルーの醍醐味だ。

 今回は週間バイラルチャート4位にランクインしたBLOOM VASE「CHILDAYS」を紹介したい。BLOOM VASEはJiROMAN、RURU、oveの3人からなる3MCのラップクルーである。2nd EP『BLOOM iSLAND』に収録されている「CHILDAYS」は9月上旬より徐々にチャートを上昇し、今週とうとう4位に食い込んだ。『BLOOM iSLAND』のジャケットに登場したアメリカのカートゥーン風のイラストがアニメーションになったMVはこの楽曲の人気を牽引しており、本稿執筆時点ですでにYouTubeでは230万再生を突破している。

CHILDAYS / BLOOM VASE (official lyric video)

 本楽曲は題名の通り「子供のころ」の思い出を振り返りながら、大人になっても童心を忘れられない自分を徐々に肯定していく内容となっている。リリックを追っていくなかで気になるのがその表記方法。MVにもテロップが挿入されているのだが、リリックのほとんどがひらがなで表記されている。たとえば〈しょうねんのころから/まけずぎらいでなまいき/できなかったしゅくだい〉といった具合だ。幼少時代を振り返るテーマに沿ってあえてひらがな表記を採用する部分からも、彼らの遊び心が垣間見える。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる