17歳の現役高校生シンガー RAKURA、デビュー曲「Unforgiven」が本仮屋ユイカ主演ドラマ『片恋グルメ日記』ED主題歌に

17歳の現役高校生シンガー RAKURA、デビュー曲「Unforgiven」が本仮屋ユイカ主演ドラマ『片恋グルメ日記』ED主題歌に

 17歳の現役高校生シンガー RAKURAのデビュー曲「Unforgiven」が、ドラマ『片恋グルメ日記』(TOKYO MX)のエンディング主題歌に起用されることが決定した。

 若きクリエイターの今とこれからを長く支援できるようにとの想いが込められ、Being Group内に新設されたレーベル<asistobe(アズイズトゥービー)>よりデビューするRAKURA。デビュー曲の「Unforgiven」は、TOKYO MXの月曜22時に設けられた新たなドラマ枠「ドラマニア!」にて10月12日より放送がスタートする『片恋グルメ日記』のエンディング主題歌に起用された。

 『片恋グルメ日記』は、アキヤマ香の人気コミック(双葉社刊)を原作とした「妄想×グルメ」の“新食感”ラブコメディ。出版社を舞台に、現実の恋に踏み込めない漫画編集部員の女性が、“片恋“=想いを寄せる男性営業部員に近づくため、彼が食べたものと同じメニューを食べ、妄想しながら追体験=“食事ストーキング”をしていくというストーリーとなっている。主人公の女性編集部員・所まどか(通称:コロ)を本仮屋ユイカが演じ、コロが憧れる男性営業部員・八角直哉役には平岡祐太が出演する。

片恋グルメ日記
『片恋グルメ日記』ポスター

 RAKURAのデビュー曲「Unforgiven」は、抑えきれない恋心や背徳感を17歳とは思えない大人びたボーカルとグルーヴ感で表現した楽曲になっているとのこと。なお、楽曲のデジタルストリーミング配信は11月4日を予定しているという。

RAKURAコメント

みなさん初めましてRAKURAです! この曲の歌詞に〈Unforgiven な恋をするの〉、〈Unbelieve な恋をするの〉というフレーズがあるのですが、原作を読んでから主人公の妄想癖やスリルのある恋心を『許されない恋、信じられない恋』のところで表現できたらいいな!とレコーディングに挑みました。ステキな作品に携われて光栄です‼️

■楽曲情報
RAKURA
「Unforgiven」
11月4日配信予定(ストリーミング&ダウンロード)
Lyrics & Music & Arrange:Ra-U

■タイアップ情報
「Unforgiven」
ドラマ『片恋グルメ日記』エンディング主題歌
TOKYO MX1 毎週月曜22:00~22:30(10/12スタート)
<配信>
スマホアプリ/Webサイト『エムキャス』にて全国無料でリアルタイム配信。また、見逃し配信として、最新話放送から1週間は『エムキャス』にて全国無料で視聴可能。

TELASA、au スマートパスプレミアム、J:COM オンデマンド、milplusにてMX放送後から随時公開。最新話まで見放題独占配信!

原作:アキヤマ香『片恋グルメ日記』(双葉社『JOUR すてきな主婦たち』掲載)
出演:本仮屋ユイカ、平岡祐太、藤田玲、中村静香、岡本杏理、兵頭功海、村山和実、竹森千人 ほか
製作著作:TOKYO MX
(C)アキヤマ香/双葉社
(C)TOKYO MX

『片恋グルメ日記』オフィシャルサイト
Twitter
Instagram

■関連リンク
RAKURAオフィシャルサイト
Instagram
Twitter

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる