いきものがかりが届けた“20年分の笑顔と感謝” 森山直太朗、Creepy Nutsらと新たな一歩を踏み出したデジタルフェスを観て

いきものがかりが届けた“20年分の笑顔と感謝” 森山直太朗、Creepy Nutsらと新たな一歩を踏み出したデジタルフェスを観て

 いきものがかりが9月19日、配信イベント『いきものがかり結成20周年・BSフジ開局20周年記念 BSいきものがかり DIGITAL FES 2020 結成20周年だよ!! 〜リモートでモットお祝いしまSHOW!!!〜』を開催した。

 今年、結成20周年を迎えたいきものがかり。9月から開催予定だった20周年記念のアリーナツアーは、新型コロナウイルスの影響により全公演が中止。この事態を受け、ツアーの初日公演が予定されていた9月19日に配信イベントを行うことになった。

 “集牧”後にスタートした初の冠番組『BSいきものがかり』を放送しているBSフジのサポートにより実現した“デジタルフェス“には、いきものがかりのほか、森山直太朗、緑黄色社会、どぶろっく、、Creepy Nutsと個性溢れたアーティストが出演。音楽、トーク、お笑いなど、4時間半以上に渡って、いきものがかりの豊かな音楽性とエンターテインメント性を堪能できる内容となった。

Mr.シャチホコ
Mr.シャチホコ
Arrow
Arrow
Mr.シャチホコ
ArrowArrow
Slider

 いきものがかりの吉岡聖恵、水野良樹、山下穂尊と和田アキ子に扮したMr.シャチホコのタイトルコールから、記念すべき“デジタルフェス”はスタート。トップバッターをつとめたのは、「ラップの即興のカッコよさ、DJ 松永さんのプレイも世界一ですから」(山下穂尊)と紹介された 。1曲目の「ヘルレイザー」からR-指定の切れ味鋭いラップ、DJ 松永の凄腕DJプレイが炸裂し、フェスのオープニングを盛り上げまくる。

 「いい意味で“20年もやってたんだ”という感じですよね」(DJ 松永)、「フレッシュさがずっとあるからね」(R-指定)というトークから、「どんな状況になっても、自分らの音や言葉を伝えることしかできない。小さい音でいいから、みなさんのそばで自分達の音が鳴っていたら嬉しいという歌です」(R-指定)と最新作『かつて天才だった俺たちへ』収録曲「サントラ」(Creepy Nuts×菅田将暉)を披露。強烈にして真摯なメッセージを放ち、画面の向こうの“オーディエンス”に強いインパクトを与える。「俺たちが走り続けられるのは、先輩たちが20年経ってもフレッシュさを持ち続けているから」(R-指定)というコメントも印象的だった。

Creepy Nuts
Creepy Nuts
Creepy Nuts
Arrow
Arrow
Creepy Nuts
ArrowArrow
Slider

 イベントは、いきものがかりとゲストのトークを挟みながら進行。「見てるだけでパワーが伝わって、身体が熱くなっちゃいました」(吉岡)、「DJ 松永さん、前に新宿の伊勢丹でお会いしましたよね(笑)」(水野)という、ここでしか聞けない会話にも引き込まれた。

 続いては、愛知県出身の4ピースバンド 緑黄色社会。吉岡の「透き通った強い声」というコメント通り、1曲目の「Shout Baby」から長屋晴子(Gt/Vo)が美しいボーカルを響かせる。

 「始まりの歌」では小林壱誓(GT/Cho)がエモーショナルなギターソロ&コーラスで楽曲を彩り、「みんながいろんな思いを抱きながら過ごした夏の終わりに、この歌を届けたいと思います」(長屋)という言葉に導かれたアッパーチューン「夏を生きる」では、peppe(Key/Cho)の切ない鍵盤のフレーズ、穴見真吾(Ba/Cho)のしなやかなベースラインが長屋の歌をしっかりとバックアップ。さらにバンドの知名度を上げたポップナンバー「sabotage」、濃密な感情を込めたラブソング「想い人」も。多彩なポップセンスと生々しいバンドサウンドが真っ直ぐに伝わる魅力的なステージだった。

緑黄色社会
緑黄色社会
緑黄色社会
Arrow
Arrow
緑黄色社会
ArrowArrow
Slider

 ライブのなかで「いきものがかりさんは、私の夢でした。いつか同じステージに立ちたいと思って、それがいま叶っていて。大好きな聖恵さんのように楽しんで歌を歌いたいと思います」と語った長屋。トークコーナーでも「歌が強くて、バンドもカッコ良くて」(吉岡)、「聖恵がグッときてるのもわかるし、みなさんの気持ちも伝わってきて。なかなか出会えない時間に立ち会えてるんだなって」(水野)と、いきものがかりのメンバーも感激しきりだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる