東山奈央が様々なキャラクターと歩み続けた10年ーーキャラソンベストから“表現者”としての軌跡を辿る

 声優・歌手の東山奈央が、自身の声優デビュー10周年を記念したキャラクターソングベストアルバム『Special Thanks!』を8月5日にリリース。本作には、これまで彼女が歌ってきた約250曲ものキャラクターソングの中から選ばれた25曲が収められている。さらにアニバーサリースペシャル盤には、出演作の主題歌3曲のカバーに加え、東山がひとりで複数キャラクターを演じ分ける朗読劇も収録。本稿では本作の収録内容に沿いながら、改めて東山の“声の表現者”としての魅力を掘り下げていきたい。

キャラクターの人間性が“見える”、歌声の持つ豊かな表現力

キャラクターソングベストアルバム『Special Thanks!』

 東山は2010年に声優デビュー。その後、現在まで『マクロスΔ』(レイナ・プラウラー役)や『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(由比ヶ浜結衣役)、『ゆるキャン△』(志摩リン役)など様々な作品においてメインキャストを務め続け、2017年にはソロアーティストとしてもデビューを果たした。そんな彼女が演じてきたキャラクターは、特定のジャンルに偏らないバラエティ豊かなものばかり。それはファンであれば、本作に収録された曲のキャラクターたちの顔ぶれを見ただけでも再確認できるだろう。また、最近彼女を知った人でも本作を聴けば、その豊かさを感覚的に理解できるはずだ。

 まず、彼女の演じ分けスキルを誰もがわかりやすく感じられるのが、「進め!金剛型四姉妹」(TVアニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』挿入歌)だろう。明るくアッパーなナンバーに乗せて、金剛・比叡・榛名・霧島の4艦を、声色だけではなく一音一音への着地の仕方まで明確に区別しながら表現している。この曲をDisc1の1曲目に置いたのは、東山の演じ分けスキルの伝わりやすい例示としての役割もあるのだろうか。

 だが、これはあくまでも入口。収録曲それぞれを聴いていくことで、この10年間、彼女がいかに多くのキャラクターを務め、その人生を生きてきたのかを強く感じることができる。

 となるとやはり外せないのが、彼女のデビュー作のひとつ『神のみぞ知るセカイ』で演じたアイドル・中川かのんだろう。本作にも収録されている「ハッピークレセント」は、彼女がヒロインを務めていた期間の挿入歌/EDとしても使用。さらに、楽曲・キャラクター両面の人気も相まって、同作のOVA版主題歌も担当。さらに2枚のオリジナルアルバムの発表や二度の単独コンサートの開催にまで発展したのである。

 その「ハッピークレセント」は、今改めて聴くと少し荒削りに感じる部分も多い。だがその反面、歌うことの勘所を掴んでからでは発露し得ない、いい意味でのイレギュラーなかわいさも見え隠れする。それが中川かのんというキャラクターと絶妙にマッチすることで“かのんちゃんが歌っている”姿が明確に浮かび上がるのだ。ちなみに前述した「ハッピークレセント」以降の楽曲では、いずれも中川かのんらしさがより濃厚になっているので、ぜひ本作と合わせてチェックしてみてほしい。

中川かのん starring 東山奈央「ハッピークレセント」

 アイドルとしてではなく、幼さ・無邪気さからくるかわいらしさが詰め込まれたのが「にんげんのうた」(TVアニメ『まおゆう魔王勇者』メイド妹役)。原作者・橙乃ままれも作詞に携わったこの曲において、歌詞が全て平仮名で表記されている意味を最大限汲み取っての表現がなされている。この他にもイノセントな歌声を響かせる曲は数あれど、幼さを突出させることで唯一無二の“メイド妹の歌”へと高めているのだ。

 そんなかわいらしさの対極にあるのが「ReSTART “THE WORLD”(Logos Art Form in Dark)」(TVアニメ『トリニティセブン』リーゼロッテ=シャルロック役)。デジタルサウンドのなか、ここでの歌声にはキャラクターに紐づくセクシーさが感じられる。しかもその色気が、あざとすぎないのだ。歌唱の流れのなか“そうなる”ポイントにおいて、息遣いのタイミングやボリュームのさじ加減などをもって、あくまで自然に色気を付加させている。だからこそ、何度聴いても曲中で自然とハッとさせられてしまう。

リーゼロッテ=シャルロック(東山奈央)「ReSTART “THE WORLD”(Logos Art Form in Dark)」

 その他にも「Heart Pattern」(TVアニメ『ニセコイ』桐崎千棘役)では、歌声だけでも浮かぶ千棘らしい跳ねっ返り感が反映されており、「わたしいろダリア」(TVアニメ『ハロー!!きんいろモザイク』九条カレン役)では天真爛漫な表情をみせるなど、とにかく一人ひとりが明確に“違う”のだ。それは、今回具体的には取り上げなかった、収録された全曲に通ずること。なので、仮に収録された曲のキャラクターに触れたことがなかったとしても、その歌声からどんな人物(=キャラクター)が歌っているのかが見えてくる。つまり、本作はただの記念碑的なものではなく、東山奈央の表現の的確さや繊細さを多くの人に再認識させる契機にもなっているのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる