GENIC、デビュー初ライブに感じた“青春の匂い” 7人が全力で作り上げた熱いステージを観た

GENIC、デビュー初ライブに感じた“青春の匂い” 7人が全力で作り上げた熱いステージを観た

 avexのDNAを継承する新ダンス&ボーカルグループとして2019年に誕生したGENICが、7月12日にオンライン配信ライブ『GENIC Debut Album「GENEX」リリース記念LIVE』を行なった。同ライブは新型コロナウイルス感染拡大に伴い、全公演中止となってしまったツアー『GENIC LIVE TOUR 2020 -GENEX-』の最終日に配信。多くのファンが心待ちにしていたライブだ。

 ライブは「UPDATE」からスタート。作詞作曲、アレンジをメンバーの小池竜暉、西澤呈が手掛けた、GENICらしいアッパーなダンスチューンだ。爽やかな白い衣装に身を包んだ7人が作るステージは、若さと勢いが溢れ出している。続く「BURNIN’ BURNIN’」はライブ初披露。作詞を手掛けた西澤と西本茉生のラップ、金谷鞠杏と宇井優良梨の艶っぽいコーラス、小池の力強い歌、抜群のスタイルから発される雨宮翔のキレのいいダンス、増子敦貴の豊かな表情……など、GENICの魅力が詰まったクールなナンバーを堂々と披露した。

 「こんばんは、GENICです! よろしくお願いします」と元気のいい挨拶で始まったMCでは、改めて一人ずつ自己紹介。ワイワイ話す姿は見ていてほっこりする。3曲目の「MOONLIGHT」が始まろうとすると、振り付けを担当したDa-iCE・和田颯からのビデオメッセージが。

 ビデオでは「僕自身、振り付けを一人でするのが初めてで不安だったんですけど、我ながらかっこいい振りができたんじゃないかな、と。これから初披露ということで、皆さん楽しんで頑張ってください」と笑顔でコメント。GENICのメンバーたちは「びっくりした」と驚きつつも、気合いが入ったようだ。披露された「MOONLIGHT」は、曲も大人っぽくオシャレで和田の振り付けもピッタリ。GENICの新しい一面が引き出されている。7人が横一列に並ぶと、小池が作詞した「月夜に馳せる」とライブ初披露曲が続く。振り付けがない同曲は、メンバーたちの声がしっかり楽しめる。西澤と雨宮、増子と宇井、小池と金谷など様々な組み合わせのハーモニーを聴けるのも良い。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる