GLAY、m-flo ☆Taku Takahashiらによる「Into the Wild」Remix試聴音源公開 YouTubeにてTERUバージョンも

GLAY、m-flo ☆Taku Takahashiらによる「Into the Wild」Remix試聴音源公開 YouTubeにてTERUバージョンも

 GLAYが、8月12日リリースの58thシングル『G4・2020』収録曲「Into the Wild」Remix ver.試聴音源を公式HPにて公開した。

 公式HPでは、「Into the Wild~密~」を筆頭に、今作に収録される4曲の「Into the Wild」Remix ver. を公開。今回ボーナス収録されるRemix ver.の3曲は☆Taku Takahashi(m-flo)、80KIDZ、BUNNYの3名がそれぞれ担当している。試聴音源のアップに合わせて、3名からコメントも公開された。

 Remix収録にあわせて、「Into the Wild」の新たな可能性との出会いをテーマに、現在特設HPにて同楽曲のステムデータを公開中だ。すでに前回のツアーでキーボードを担当したハジメタルがRemix ver.を公開。そしてTERU自身もRemixを行ない、フルバージョンが本日GLAY公式YouTubeチャンネルにアップされた。今回の公開に合わせ、2パターンの映像も自身で制作している。

GLAY / Into the Wild (TERU Remix A ver.)
GLAY / Into the Wild (TERU Remix B ver.)

 さらに先日発表されたAIRDO×石屋製菓の北海道応援キャンペーン「BE ONE HOKKAIDO」WEB CMも同日公開となった。こちらは「流星のHowl」が公式応援ソングとなっており、CMには先日放送された『GLAY Special Live 2020 DEMOCRACY 25TH INTO THE WILD Presented by WOWOW』の映像が使用されている。

☆Taku Takahashi (m-flo, block.fm, OTAQUEST)コメント

僕っぽさを出しつつ、GLAYのメンバー皆さんの様々な音を使ってリミックスしました。
どこでどの音が使われているか、ぜひ探してみてください。

80KIDZコメント

REMIXに参加させていただきありがとうございます。
今回のREMIX制作に際して楽曲の展開や構成などをじっくり聴かせていただくと、長期に渡る活動を経て今なお色褪せない制作に対する挑戦、情熱、探究などが感じられとても刺激を受けました。
そんな原曲の雰囲気を大切にしながら80KIDZらしさも出せたREMIXに仕上がったと思います。是非皆さんに聴いていただけたら嬉しいです。

BUNNYコメント

僕のRemixは「GLAYの新しい一面」って表テーマと、自分のバックグラウンドであるEmo PunkやEmo Metal要素を詰め込んだ「もしGLAYがイギリスのバンドだったら」的な隠れテーマでアレンジさせて頂きました!
程よい打ち込み(エレクトロ)感と生音バンドサウンドの融合を楽しんでもらえたら嬉しいです!
まだ23歳と未熟で駆け出しアーティストな僕ですが、今回GLAYさんとGLAYのファンのみなさんと関わる事ができたのは一生の思い出です!
原曲と共にRemixesも沢山聴いてくれたら幸せです。

■関連リンク
流星のHowl / BE ONE HOKKAIDO ~心を一つに、北海道へ応援メッセージを~
G4・2020特設ページ
GLAY 配信サイト一覧

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!