NiziU『Make you happy』インタビュー(AYAKA、MAKO、RIO編)「チームワークが一番輝くグループに成長したい」

NiziU『Make you happy』インタビュー(AYAKA、MAKO、RIO編)「チームワークが一番輝くグループに成長したい」

 韓国の芸能事務所JYPエンターテインメントとソニー・ミュージックエンタテインメント、ソニー・ミュージックレーベルズによるガールズグループ・オーディションプロジェクト「Nizi Project」。2019年2月の記者会見でプロデューサーのJ.Y. Park氏から発表され、同年7月~8月に日本国内8都市、ハワイ、LAを含めた全10箇所で地区予選が行われた。1万人を超える応募者の中から選抜された26名は、4泊5日の東京合宿でトレーニングを行い、ダンスとボーカルの技術に加えてスター性、人柄の観点から選ばれた14名が韓国合宿行きの切符を獲得。その模様は『Nizi Project Part 1』としてHuluで配信され、またたく間に人気が広がった。

 4月からスタートした『虹のかけ橋』(日本テレビ)と、『Nizi Project Part 2』(Hulu)では、半年にわたる韓国合宿の模様を放送。そして、つい先日、全世界が注目するデビューメンバー9人が発表された。ガールズグループ「NiziU(ニジユー)」としてデビューすることになった彼女たちは、本日30日にPre-Debut Digital Mini Album『Make you happy』を配信する。そんなNiziUに、早速メールインタビューすることができた。本稿では、人を惹きつける可愛らしい魅力と絶え間ない努力でメンバーに選ばれたAYAKA、歌とダンスの実力だけではなくリーダシップを発揮し、メンバーのお手本となったMAKO、努力を続けた結果、元々持っていたダンスの実力に安定感のある歌唱力がプラスされたRIO編をお届けする。(苫とり子)

今のメンバーなら乗り越えられる(RIO) 

RIO
RIO

――まずは、改めて自己紹介をお願いします。

MAKO:こんにちは、NiziUのリーダーMAKOです! 19歳です。

RIO:NiziUのRIO、18歳です。(自己紹介の)決め台詞はNiziUの”元気の源”です!

AYAKA:NiziUのフワフワビューティー、AYAKAです! 17歳の高校2年生です。

――「Nizi Project」が開始してからプレデビューまで、本当にお疲れ様でした。目まぐるしく状況が変化した一年だったと思いますが、皆さんにとってどんな年になりましたか?

AYAKA:環境も変わり初めてのことがたくさんあったので、挑戦の多い年になりました!

MAKO:自分と向き合い、実力面・メンタル面・コミュ二ケーションの面でも、大きく成長出来た一年でした。

RIO:本当に“成長”という言葉が一番似合う一年間でしたね。私も含めて地域予選からのメンバー全員が、色々なことにおいて成長できたんじゃないかと思います。

――厳しいトレーニングと審査を突破し、見事デビューを果たす皆さんですが、デビューメンバーに選ばれた時から現在に至るまでの心境を教えてください。

AYAKA:選ばれた時は実感が全くなかったのですが、デビューに向けて練習するにつれ、デビューメンバーに選ばれて良かった、これからもっと頑張ろうという気持ちになりました。

RIO:韓国合宿期間中、自分はもうダメかもしれないと何回も思って涙を流していました。だけど周りのメンバーのおかげで乗り越えられたし、これからさらに大変で辛い出来事が待っているかもしれませんが、合宿期間中と同様、今のメンバーなら乗り越えられると確信しています。

MAKO:初心を忘れず、9人でお互いを高め合い、話し合い、助け合いながら練習に励んできました。落ち込んだ時は声をかけ合い、みんなで元気を出しています!

――デビューが決まった時、友人や家族などの反応はいかがでしたか。

AYAKA:「これからもたくさん応援するね」って、とても喜んでくれました。

MAKO:家族は「本当に、本当におめでとう!!」と感動の涙と共に祝福してくれました。

RIO:私の両親も、連絡した時は電話越しでとても泣いていました(笑)。「RIO本当によく頑張ったね!」というお母さんの言葉で、私も涙が止まらなかったです。

――「Nizi Project」の総合プロデューサーである、J.Y. Parkさんの第一印象やオーディション期間中の意外な一面を教えてください。

AYAKA:最初の印象ではとても怖い方なのかな? と思っていたのですが、とても優しくて、私たちが緊張しないように優しく声をかけてくださったことが印象的でした。

MAKO:オーディション当時は、私も怖い方というイメージが強かったのですが、カメラが回ってないところでも私たちの健康を家族のように気にかけてくださり、お父さんのような温かさを感じました。J.Y. Parkさんの笑顔がとても素敵です!

RIO:第一印象は厳しそうだけど、すごく優しい顔で笑ってくださる方だなという印象でしたね。その後、J.Y. Parkさんが大事にしている「真実・誠実・謙虚」の3つが私の考え方を変えました。私もそのような人柄になれるように毎日意識していこうと思っています。

――そんなJ.Y. Parkさんは、予選や東京・韓国合宿でも厳しく的確なアドバイス、人生や芸能界の先輩としての言葉を皆さんにかけていたと思いますが、その中でも心に残ったものを教えてください。

MAKO:私が地域予選で自分にコンセプトがなく悩んでいた時、「僕たちはみんな、もともと特別です。ただ自分らしくありのままでいてください」とおっしゃっていただいたことが印象に残っています。

RIO:東京合宿のダンス審査の時にかけてくださった「歌手はダンサーに見えてはいけない」という言葉が心に残っています。私は今まで、見てくださっている方々に自分の感情を伝えようと思いながら踊ることをしてこなかったので、その言葉を聞いた時はとても納得しました。

AYAKA:私の心に残っているのは「才能ではなく努力が夢を叶える」、「1万人から13人に選ばれたってことはすごいことだから自信を持って」という言葉です。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!