NiziU『Make you happy』インタビュー(MIIHI、MAYUKA、RIKU編)「いつでも謙虚に初心を忘れず努力していきたい」

NiziU『Make you happy』インタビュー(MIIHI、MAYUKA、RIKU編)「いつでも謙虚に初心を忘れず努力していきたい」

 韓国の芸能事務所JYPエンターテインメントとソニー・ミュージックエンタテインメント、ソニー・ミュージックレーベルズによるガールズグループ・オーディションプロジェクト「Nizi Project」。2019年2月の記者会見でプロデューサーのJ.Y. Park氏から発表され、同年7月~8月に日本国内8都市、ハワイ、LAを含めた全10箇所で地区予選が行われた。1万人を超える応募者の中から選抜された26名は、4泊5日の東京合宿でトレーニングを行い、ダンスとボーカルの技術に加えてスター性、人柄の観点から選ばれた14名が韓国合宿行きの切符を獲得。その模様は『Nizi Project Part 1』としてHuluで配信され、またたく間に人気が広がった。

 4月からスタートした『虹のかけ橋』(日本テレビ)と、『Nizi Project Part 2』(Hulu)では、半年にわたる韓国合宿の模様を放送。そして、つい先日、全世界が注目するデビューメンバー9人が発表された。ガールズグループ「NiziU(ニジュー)」としてデビューすることになった彼女たちは、本日30日にPre-Debut Digital Mini Album『Make you happy』を配信する。そんなNiziUに、早速メールインタビューすることができた。本稿では、抜群の歌唱力と表現力、日常で見せる笑顔で視聴者を癒したMIIHI、トレーナーからのアドバイスに真摯に向き合う人柄と、リズム感のあるラップスキルで評価されたMAYUKA、小柄ながら安定したダンスと歌で存在感を発揮したRIKU編をお届けする。(苫とり子)

デビューメンバーに選ばれたことはゴールではなくスタート(MIIHI) 

MIIHI
MIIHI

――まずは、改めて自己紹介をお願いします。

MIIHI:こんにちは! NiziUのスマイルメーカーMIIHI、15歳です。チームの中ではボーカルを担当しているので、みなさんに素敵な歌声を届けられるように頑張ります!

RIKU:NiziUのエネルギッシュなリス、RIKUです!

MAYUKA:MAYUKA、 16歳。(自己紹介の)決め台詞は色んな曲に染まれるということで、NiziUのカメレオンです(笑)。

――「Nizi Project」が開始してからプレデビューまで、本当にお疲れ様でした。目まぐるしく状況が変化した一年だったと思いますが、皆さんにとってどんな年になりましたか?

MAYUKA:私にとって、この一年間は人生がガラっと変わった年でした。

MIIHI:あっという間の一年だったと思います。たくさんのことを経験し、成長できた忘れられない一年でした。そして、家族のように大切なメンバーと出逢えたことにも感謝しています!

RIKU:本当にオーディションが終わったということが信じられないくらい早かったですね。色々な体験をして、様々なことを学べた年になりました。

――厳しいトレーニングと審査を突破し、見事デビューを果たす皆さんですが、デビューメンバーに選ばれた時から現在に至るまでの心境を教えてください。

MIIHI:デビューメンバーに選ばれた瞬間は本当に嬉しくて。夢が叶った! という喜びが大きかったです。ただ、デビューメンバーに選ばれたことはゴールではなくスタートだと思ったので、もっと成長できるように日々の練習を頑張っています。

RIKU:練習生みんなそれぞれに個性があって、魅力的な子たちばかりだったので、その中で自分がデビューメンバーに選ばれたっていう実感が湧かなかったんです。今でも信じられないですが、すごく幸せです!

MAYUKA:選ばれて嬉しかったのはもちろん、今までお世話になった全てのスタッフさんや、応援してくれている家族や友達、そしてファンの皆さんのために、これからもっともっと頑張ろうと思えました。

――デビューが決まった時、友人や家族などの反応はいかがでしたか。

MIIHI:1番は家族に報告したのですが、泣いて喜んでくれました。いつもそばで応援してくれていたので、デビュー報告ができて嬉しかったです。

RIKU:私の両親は「夢みたいで信じられない!」っていう様子で、でもなぜか兄だけは私なら絶対受かるという自信があったらしく(笑)、「俺はRIKUなら受かると信じてた」ってすごく喜んでくれていました。

MAYUKA:直接はまだ言えていないんですが、LINEで「おめでとう~」って家族全員からお祝いメッセージがきていました!

――「Nizi Project」の総合プロデューサーである、J.Y. Parkさんの第一印象やオーディション期間中の意外な一面を教えてください。

MIIHI:初めは厳しい方なのかな? と少し怖がっていたのですが、実際にお会いしてお話してみると、いつも私たちを気にかけてくれる素敵な方です。オーディション中も毎回励みになる素敵な言葉をかけてくださり、その言葉の一つひとつが何度も私を救ってくれました。

MAYUKA:私も第一印象は、優しそうだけど怖そうだなと(笑)。でも全然そんなことはなくて、会社でお会いする度に日本語で話しかけてくださったり、「風邪を引いている子はいない?」と気にかけてくださったり、本当に優しい方です。

RIKU:J.Y. Parkさんとお話しさせていただく機会がある度に思うことなんですが、本当に日本語がお上手で毎回びっくりしちゃいます! その姿を見て、自分も「もっと韓国語を頑張らないといけないな」と思います。

――そんなJ.Y. Parkさんは、予選や東京・韓国合宿でも厳しく的確なアドバイス、人生や芸能界の先輩としての言葉を皆さんにかけていたと思いますが、その中でも心に残ったものを教えてください。

RIKU:「才能が成功を生むのではなく、努力が成功を生む」という言葉が心に残っています。まさにその通りだなと共感して、頑張ろうと思えました。

MIIHI:いくつかあるのですが、一つは東京合宿でのスター性評価で全員にかけてくださった「みんな特別なんだよ」という言葉です。その時は自分をどうしたら良く見せられるか、何が自分の魅力なのかと悩んでいた時期でもあったので、“ありのままの私でいいんだ”と思えました。もう一つは、ファイナルステージの時にかけてくださった「自信を持って楽しめば、MIIHIさんに勝てる人はいません」という言葉です。ミッション2の時から完璧なパフォーマンスを見せることができなくなり、ステージを心の底から楽しめなかったので悩む日々が多かったんですが、その言葉で自信を持って、自分らしく全力で楽しもう! と思うことができました。

MAYUKA:私は体育祭をした夜に教わった「注意する必要のない人になってください」という言葉にすごくハッとさせられて、これから私たちはアーティストになるんだ! ということを改めて認識させられました。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!