KinKi Kids 堂本光一、ジャニーズWEST 桐山照史、Sexy Zone 中島健人……『Johnny’s Smile Up ! Project』から見えた個性

ジャニーズの真骨頂、ライブ開催への想いを馳せた全力パフォーマンスを配信

 そして所属アーティスト全15組75名による期間限定ユニット・Twenty★Twentyのチャリティーソングとして櫻井和寿(Mr.Children)が書き下ろした楽曲「smile」発売も決定。8月12日のリリースに先行し、6月22日には配信がスタートする。この売り上げは新型コロナウイルスのための医療対策支援へ寄付されることになっている。加えて予定されていたライブツアーなどが中止になり、残念に思っていたファンに向けて配信をスタートしたのが『Johnny’s World Happy LIVE with YOU』だ。TOKIOの国分太一がナビゲートし、横浜アリーナを会場に所属アーティストが集結。行われたライブの様子は6日間に渡って配信された。初日の6月16日にはV6、嵐、King & Prince、17日はKAT-TUN、Sexy Zone、関ジャニ∞、18日はNEWS、Hey! Say! JUMP、ジャニーズWEST、19日はKis-My-Ft2、A.B.C-Z、20日はTravis Japan、HiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍、少年忍者、宇宙Six、ジャニーズJr.、21日はKinKi Kids、SixTONES、Snow Manが登場。出演するアーティストの組み合わせも様々で、この配信をきっかけに他のアーティストにも興味を持ったというファンも急増中だ。常に自分たちに何かできることはないかと考え、ファンに向けて新しい形でエンターテインメントを届けてくれるジャニーズグループの次なる仕掛けが楽しみでたまらない。

■北村由起
ライター・エディター。出版社勤務、情報誌編集長を経てフリーに。情報誌、webマガジン、ムック等を中心に執筆。ジャニーズウオッチャー。@yukkisetouchi

※初出時、記事内容の一部に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる