BTSの7周年祝う『2020 BTS FESTA』が完結 練習生時代から続く、メンバーの関係性が垣間見えたコンテンツの数々

『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~』

 6月1日から続いた『2020 BTS FESTA』も、7回目のデビュー日である13日の更新をもって多くの反響とともに終わりを迎えた。後半のFESTAもBTSらしさをありありと感じられるコンテンツが盛りだくさんだった。

 8日に公開になったのは、2018年の『MAMA in JAPAN』での「Fake Love」のパフォーマンスプラクティスビデオ。本番では映像技術と彼らのパフォーマンスの組み合わせが印象的だった。また、ダンスブレイクでのマリオネットのような動きの技術の高さとパフォーマンスの完成度は大きな話題に。今回公開された映像では、本番は照明の明るさの加減で見ることができなかった部分やカメラに映らなかった細部のこだわりまで見ることができ、プラクティスビデオならではの視点を存分に味わうことができる。

[CHOREOGRAPHY] BTS (방탄소년단) 2018 MAMA Performance Practice (Formation Check ver.) #2020BTSFESTA

 9日には「Answer:BTS 3UNITS」が公開された。FESTAのスケジュールが公開されたときには内容がわからず、何が公開されるのかファンたちの予想が繰り広げられた。“3つのユニット”ということで、アルバム『MAP OF THE SOUL:7』でのユニット曲を歌っている組み合わせなのでは、という意見が多かったが、ファンたちの予想通りその3つのグループでのコンテンツが提供された。内容は、ユニットごとのポートレートとインタビュー映像だ。

 15分おきに映像が投下されたが、トップバッターは「Respect」を歌ったペアのRMとSUGA。練習生として出会ってから10年が経つお互いへの理解や、グループの中でも多くの曲の作詞作曲を手がける2人ならではの話が聞けるインタビュー映像となった。曲名の通りお互いへのリスペクトを伺うことができ、落ち着いた大人の雰囲気を見せてくれた。

[2020 FESTA] BTS (방탄소년단) Answer : BTS 3 UNITS ‘Respect’ Song by RM & SUGA

 そして次は「Jamais Vu」のJIN・J-HOPE・JUNGKOOKの3人。みんなを笑わせる最年長のJIN、みんなの希望・J-HOPE、そして黄金マンネ・JUNGKOOKの3人の組み合わせが送るインタビューは、見ていて楽しくなるような明るい映像になっていた。ユニット曲のビハインドなども明かしてくれたが、どの場面でも笑い声が聞こえ、3人の年齢差を感じさせない仲の良さがうかがえた。

[2020 FESTA] BTS (방탄소년단) Answer : BTS 3 UNITS ‘Jamais Vu’ Song by Jin & j-hope & Jung Kook

 最後はBTSの中でも言わずと知れた同級生コンビの“クオズ”(95年生まれを意味する)、VとJIMINだ。彼らのユニット曲は「Friends」。曲名の通りこれまでの2人の友情をたっぷりと詰め込んだ歌になっていて、聞くだけでその結託の強さと2人のソウルメイトとでも言えるような関係性を感じられる。JIMINが作詞作曲に参加していることもあり、彼の声によく合ったキーが高めの曲だ。インタビューの中では、その音の高さゆえに苦労したとVが言っていたが、キラリとしたJIMINの高音とVの柔らかな高音はベクトルの違う2人の美声を感じられる。性格は似ていないのに、とても絆の強い2人の様子は曲を通してもインタビューを通しても見えてくる。

[2020 FESTA] BTS (방탄소년단) Answer : BTS 3 UNITS ‘친구’ Song by V & Jimin

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる