JO1 鶴房汐恩から豆原一成、大平祥生まで……“ジャム作り”動画が完結 個性あふれる映像をピックアップ

JO1 鶴房汐恩から豆原一成、大平祥生まで……“ジャム作り”動画が完結 個性あふれる映像をピックアップ

 続く白岩のミルクジャム作りは、動画アップ前からJAMたちから心配されていた。というのも、白岩は料理が苦手と公言しているからだ。それを察したのか、白岩のミルクジャムは包丁を一切使わず、材料を混ぜて煮詰めるだけというシンプルなもの。それでも、ミラクルが起きるのが“持っている男”・白岩だ。煮詰めはじめてすぐにIHヒーターが壊れ、コンロで代用したり。バニラエッセンスを加えようとして、蓋を入れてしまったり。JAMに寄り添い、甘いセリフもお手の物の白岩だが、普通なら起こらないようなミラクルを起こしてしまう。このギャップこそ、彼の魅力である。

【JO1:MISSION】メンバーカラーに合わせてジャムを作ってみた-大平祥生 編-

 そしてトリを飾ったのは、大平のプリンジャム作り。大平はメンバーから「見た目も行動もふわふわしている」とされる一方で、「真面目で努力家、ストイック、めっちゃ男」と真逆の印象が語られてきた。今回の動画でも、その両方が出ていたのではないだろうか。動画のテロップにもあったように、「多分これやろ」とレシピは見ずに調理し、コンスターチやバニラエッセンスを適当に加えるなど、“男の料理感”が溢れる。かと思えば、ゆるゆると踊りながら砂糖が溶けるのを待ったり、卵黄をニコニコしながらかき混ぜたり、ふわふわな部分もしっかり出ていた。かわいらしいのに大雑把、という大平の沼が再確認できた動画だった。

 これで、11人全員のジャム作り動画がアップされた。JO1の活動がなかなか見られない中、彼らの素顔が垣間見えた素晴らしい企画だったのではないだろうか。再び新しい企画、【JO1:MISSION】シリーズがアップされるのを心待ちにしたい。

【合わせて読みたい】
JO1 與那城奨から川尻蓮、川西拓実まで “ジャム作り”動画から見えるキャラクターと新たな一面

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる