LD&K、discberryとLINE社との協業で「サブスクLIVE」開設 収益はライブハウス支援に

LD&K、discberryとLINE社との協業で「サブスクLIVE」開設 収益はライブハウス支援に

 LD&Kが、discberryとLINE社との協業で、ライブ配信サブスクリプションサービスのプラットフォーム「サブスクLIVE」を開設した。

 本サービスは7月にスタート予定で、来年3月まで配信に関わる機材やオペレーターを事務局が無償で支給し負担する。運営事務局はLD&K内に設置され、プロスポーツ配信で実績のあるdiscberryの収録編集システムを用いつつ、VR対応なども視野に入れて運営される。

 月会費は580円となっており、収益を「SAVE THE LIVE」に賛同し提携するライブハウスに分配することでライブハウス支援も行う。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

運営事務局LD&K代表 大谷秀政コメント

実はサブスク配信の話はかなり以前から進めていました。しかしコロナ前はライブハウスの業績が好調で、現場が配信に余り興味を持ちませんでした。
奇しくもこのような事態になり、満を持して発表という運びになりました。
弊社で「打首獄門同好会」の無料配信ライブを行なった際、沢山の方からお礼のメールを頂きました。育児や介護、海外や地方在住など物理的な事情で実際のライブに来られない方々です。
私はその時、ライブ配信事業の需要に更なる確信を得ました。
私にはライブハウスはもとよりライブが無くなった世界を想像することが出来ません。しかしライブハウスの復活は、まだまだ先の話になります。
今回、極力ライブハウス側の負担にならない様、来年3月まで配信に関わる機材とオペレーターを当事務局が無償で支給し負担致します。
これはコロナ後にも長く継続するプロジェクトで、アーティスト及びライブ周辺全てに対する支援事業となります。
ライブは不滅です。ポジティブに進みます。よろしくお願い致します。

LD&K Official Site

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ニュース」の最新記事

もっとみる