絢香が語る、原点=“歌を楽しむ”ことへの純粋な眼差し ミスチルや桑田佳祐ら名曲カバーから得た学び

絢香が語る、原点=“歌を楽しむ”ことへの純粋な眼差し ミスチルや桑田佳祐ら名曲カバーから得た学び

 絢香が『遊音倶楽部 ~1st grade~』以来、7年ぶりとなる2枚目のカバーアルバム『遊音倶楽部 ~2nd grade~』をリリースする。コンセプトは前作同様に“音楽を楽しむ”ことと “学ぶ”こと。河野圭、塩谷哲、Kan Sanoという3人のプロデューサーとどのように音楽を楽しみ、荒井由美や中島みゆき、桑田佳祐、Mr.Children、サカナクションといった尊敬するアーティストたちの名曲からどんなことを学んだのか。「大好きなアーティストの曲をカバーすることは、ただ、歌うことが好きだった原点に立ち返れる作業でもある」という彼女に、本作に収録された全10曲の制作過程について、オンライン取材で1曲ずつ話を聞いた。(永堀アツオ)

Mr.Childrenさんの曲はとにかく名曲だらけ

絢香 / カバーアルバム第2弾「遊音倶楽部~2nd grade~」ティザー映像

ーーまず、7年ぶりに2枚目のカバーを出そうと思った理由から聞かせてください。

絢香:前回、『遊音倶楽部 ~1st grade~』を制作したときに、シンガーとしても、ソングライターとしても、自分が思ってた以上に得るものがたくさんあって、その後の自分のオリジナルの作品に跳ね返ってくるものが大きかったんです。それからの7年間は自分の作品と向き合う期間だったんですが、久しぶりに“学び”の時間が欲しいなと思って。あとは、ありがたいことに、「『1st grade』が好きで、ずっと聴いてます」や「2枚目を作ってください」という声もたくさんもらっていたので、ちょうどそのタイミングが今だったっていう感じですね。

ーー前作ですでに“1st grade”=1年生というサブタイトルを付けてましたが、当時から続編というのは想定してたんですね。

絢香:そうですね。何年に1回っていうルールはなくても、オリジナルを作って出していくというルーティンの中で、ちょっと寄り道して遊びに行くというか。まさに、部活的な感覚でたまにやりたいなって、もう7年前から思ってましたね。

ーー倶楽部の2年生になったわけですが、選曲はどんな基準で行ったんですか。

絢香:まず1つは、幅広い世代の方に手にとって楽しんでもらいたいというところ。自分のコンサートでは毎回、お客さんに世代を聞いているんですけれども、10代から80代の方まで、本当に幅広い世代の方が参加してくれるんです。だから、どの世代の人にも楽しんでもらえる作品にしたかった。とはいえ、名曲はたくさんあるので、絞っていく作業は本当に幸せな時間でもあり、大変な時間でもあって。もし自分がカバーするならって想像した時に、自分だったらこう表現したいなっていう音の方向性が見える曲を選ばせてもらいました。あとはとにかく自分が大好きで歌いたい曲というところですね。

ーーでは、1曲ずつ選曲した理由やアレンジの方向性などをお伺いできますか。1曲目はMr.Childrenの「everybody goes ~秩序のない世界にドロップキック~」です。前作では「シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~」をカバーしてましたね。

絢香:Mr.Childrenさんの曲を並べて聴いて、改めて思いましたが、とにかく名曲だらけ。その中でも敢えてこの曲に決めたのは、攻めている強いメッセージやメロディライン、どこを切り取っても私の中からは生まれてこない要素ばかり。でも共感するところが沢山あった。だから、挑戦してみたかったんですよね。

ーー社会の矛盾や人間のエゴを歌った、アイロニーたっぷりの攻撃的な曲ですからね。

絢香:この曲がリリースされたのは1994年なのですが、時代が変わっても決して色あせることなく、今にも当てはまるメッセージが沢山ある。今リリースされた曲だったとしても、良い意味でかなり衝撃を受けるはず。すごいですよね。

ーーアレンジはシンセベースが効いた、軽快でアーバンなサウンドになってます。

絢香:アレンジに関しては、このアルバム全曲を通して、オリジナルへのリスペクトを前提に、元のアレンジから外せないところと、新しい要素を入れるところのバランスを考えながら創っていきました。新しい試みができる機会でもあり、例えばコーラスにしても、今までにないコーラスラインを作ってみたり……曲に呼ばれてそういうアイデアが出てくるのもカバーならではで、楽しかったですね。

ーーこの曲にも間奏でオリジナルにはないコーラスのラインが入ってますが、続く松任谷由実さんの「ルージュの伝言」はまさにアメリカンポップス調のコーラスワークがキーになっていて。

絢香:そうですね。「ルージュの伝言」では結構な本数のコーラスを重ねていきましたが、すごく楽しかった! コーラスで曲の世界観を作っていくというのを最近の自分の曲ではあまりやってなかったけど、オリジナルでもやりたくなりましたね。実際、同時期に制作した「道しるべ」というオリジナル曲は面白いコーラスを入れてみました。

ーーちなみに「ルージュの伝言」のアレンジャーは?

絢香:この曲と「アポロ」(ポルノグラフィティ)はKan Sanoさんです。「Love Love Love」(平井堅)と「糸」(中島みゆき)がいつもツアーを一緒に回ってる塩谷哲さん。それ以外の6曲が河野圭さんです。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる