ap bank、マスク寄付プロジェクト開始 Bank Band with Salyuのリモートセッションによる「to U」も公開

ap bank、マスク寄付プロジェクト開始 Bank Band with Salyuのリモートセッションによる「to U」も公開

 一般社団法人APバンク(本社:東京都渋谷区、代表理事:小林武史、以下「ap bank」)が、『PROTECT “to U” (プロテクト トゥーユー)』プロジェクトを立ち上げ、保健・福祉・行政・医療周辺・教育系施設の従事者へマスクを寄付する支援を行う。

 ap bankは、4月17日に新型コロナウイルス感染拡大に対する支援プロジェクトとして『GREAT FARMERS to TABLE』を立ち上げ、これまで飲食店向けに出荷していた食生産者への支援を開始していた。

 『PROTECT “to U” (プロテクト トゥーユー)』プロジェクトでのマスクは、東日本大震災以降、ap bankが支援を続けてきた「東北コットンプロジェクト」の綿を使用した国内生産による上質な布マスク。また高機能(N95 対応・0.1μm 超微粒子を 99%カット)のフィルターを付属して、マスクに装着できるようにしているとのこと。現在、まずは約2万枚を生産する目途が立っており、5月後半から各団体へ寄付を開始予定。

 さらに、本日からBank Band with Salyuが演奏した新たな「to U -PROTECT “to U” version-」の映像を、ap bankオフィシャルYoutubeチャンネルに公開した。

 今回の映像は、新型コロナウイルスと向き合う医療従事者や、今の状況に不安な思いを抱えている全ての人たちに向けて、未来への希望を込めてリモートセッションによって撮影された。

「 to U – PROTECT “to U” version – 」

小林武史からのコメント

東北の震災の時に田んぼなどに塩害があって、
そこからなんとか立ち上がろうと生まれたのが東北コットン。
そこで生まれた綿が、今戦っている人たちを
いくらかでもサポートすることができることになって、
<ネガとポジが繋がっている>ことを実感しています。

改めて『to U』の”U”の字を見ると、 何かと繋がってたり何かを下支えしたりしてるような文字に見えたりもします。 また”U”の字から連想する”Universe”や”Unite”の言葉の意味からも 孤立したりバラバラになってるようにみえる現在でも <利他を思う気持ちと利己は繋がっている>というようにも思えます。

Bank Band のみんなも町内会の有志みたいに集まってくれた。 こんな時期に協力してくれたスタッフや、 人との接触が避けられない仕事に従事されている方々、 そしてなにより医療の現場でがんばってくれている人たちに感謝します。 また、聴いていただいた みなさんにとってこれが何らかの力になることを願ってます。

櫻井和寿からのコメント

不安と無力感に飲み込まれそうになる中で、何度もこの歌を歌ってきた気がします。 やはりまた、祈るように そしてまた、「今が好き」だと言える未来にするのだと、誓う気持ちで
to U

・「 to U 」 Bank Band with Salyu 参加メンバー
小林武史(Keyboards)/ 櫻井和寿(Vocal,Chorus)/ 小倉博和(Guitar)/ 亀田誠治(Bass)/ 河村“カースケ”智康(Drums)/ 山本拓夫(Sax)/ 四家卯大(Cello)/ 沖祥子(Violin)/Salyu(Vocal,Chorus)

■「PROTECT “to U”」プロジェクト -Masks made of TOHOKU COTTON- 
5月9日より、本マスクの寄付先の募集をホームページにて開始。
マスクに関する詳細の説明、寄付先の募集など、詳細は下記ホームページより。
ホームページはこちら
東北コットンプロジェクト

■関連リンク
「GREAT FARMERS to TABLE」
ap bank

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる