星野源『Mステ』にコメント出演、視聴者へのエールも 「普段の生活、日常を忘れないように頑張っていきます」

 5月1日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では、新型コロナウイルスの感染拡大のため生放送を中止し、「今こそ家で踊りたい曲ランキング」を発表。さらに、星野源、Foorin、ゴールデンボンバー 鬼龍院翔、三代目 J SOUL BROTHERS NAOTO・小林直己・岩田剛典、日向坂46 加藤史帆がコメント出演した。

 ランキングは星野源「恋」が1位に輝いた。結果を聞いた星野は、「すごい! 嬉しい。ありがとうございます。家の中で出来ることってどうしても限られちゃうと思うけど、その中でこの曲を選んでくれたっていうのは本当に嬉しいです」とコメント。「恋」の振付については、「ステップを跳ねたりは全然ないんですよね。でも、躍動的に見えるんですけど、足を見ているとセンシティブに動いていて、例えばマンションとかアパートとかで練習していても、近所に迷惑がかからない振付だと思います」と話し、「人によって環境が違うので、その環境に合わせつつ」と補足した。

 また、4位には先日Instagramに投稿し話題となっている「うちで踊ろう」がランクイン。星野はタイトルに込めた思いについて語った。「なんで『おうち』じゃなくて『うち』なのかというと、『おうち』だと家限定になるし、『うち』っていうのを感じで『家』と書いてしまうと家限定になってしまうので、平仮名の『うち』にすることによって『心の内』って意味になればと思ったんですよね。心の内側で踊ろう、心が躍るっていう。今どうしても大変で、怒ったり悲しんだりとかどうしてもしてしまう。その中で日常の感覚だったり、楽しい面白いって感覚とか、そういうのを忘れないようにしたいと思って、心を躍らせようというそういう意味を込めて『うちで踊ろう』というタイトル、歌詞にしました」と星野は明かす。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる