ラストアイドル、シングル『愛を知る』選抜バトルで見せた個々の力 阿部菜々実、長月翠、間島和奏らの熱戦を振り返る

 ラストアイドルの8thシングル『愛を知る』の発売まで1カ月を切り、徐々に盛り上がりを見せてきている。

ラストアイドル『愛を知る』YM盤【CD+DVD】

 昨年末にデビュー2周年を迎えたラストアイドルにとって、2019年はパフォーマンス力を大きく向上させた1年間だった。“歩く芸術”を大胆に振り付けに取り入れた「大人サバイバー」、“グループ史上最高難度のダンスパフォーマンス”をテーマにした「青春トレイン」の2曲は、彼女たちのダンスと精神力だけでなく、グループ自体の評価も高める結果となった。

 今作「愛を知る」では、ラストアイドルとして初の選抜制を取り入れており、総勢41人が参加した立候補制のオーディションバトルで上位にランクインした18人が、選抜メンバーとして参加している。2019年の活動を考えれば、満を持しての選抜制とも言えるだろう。

 高レベルな戦いかつドラマティックな展開となったのは、阿部菜々実と間島和奏だ。2人はファーストシーズンで初代センターの座を奪い合った仲。暫定センターだった間島に阿部が挑戦者として勝利し、以降はラストアイドルの絶対的センターとして、阿部が多くのシングルで単独センターの重圧を担ってきている。オーディションの幕開けは順番を決めるくじ引きの結果が、阿部が1番、間島がトリの41番という運命めいた始まりに。ダンス審査で圧倒的なパフォーマンスを見せつけた阿部が、歌唱審査で選んだのは欅坂46「サイレントマジョリティー」だった。低い音域から阿部のボーカルが活きる楽曲ではないものの、「新しい一面を見せるためにも意外性を考えた」という彼女の思いが全面に出た歌唱となった。

 対して、間島が選んだのは自身がセンターを務めることができなかったラストアイドルのデビュー曲「バンドワゴン」。ラストアイドルを国民的アイドルにーーそんな彼女の一貫したグループ愛が溢れたパフォーマンスは、笑顔にやがて大粒の涙が入り混じっていく。声を震わせながらも必死に歌うその姿からは、グループを背負う覚悟とブレることのない意思を感じさせた。オーディションバトルの中で起きるドラマ、パフォーマンス能力とは別のメンバー、楽曲の裏にある思いが、この2年間で育まれたラストアイドルの醍醐味と言えよう。結果、パフォーマンスが総合的に高く評価された阿部が1位に、思いの強さが審査員にも伝わった間島が3位に選ばれた。決して仲が悪いわけではないが、付かず離れずの関係性の阿部と間島。阿部が間島にマイクを渡す瞬間に見せた笑みは、互いのパフォーマンスを通じて共鳴した思いのようにも感じさせる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる