King Gnu、『CEREMONY』が2週目もヒット継続 歌詞の変遷に表れたブレイクの要因

 参考:2020年2月3日付週間アルバムランキング(2020年1月20日~2020年1月26日)

 2020年2月3日付けの週間アルバムチャート。俎上に載せたいのは2位のKing Gnu『CEREMONY』です。1位NCT DREAMの4.0万枚に肉薄する3.6万枚セールスも見事ですが、実は、本作は先週初登場1位で23.8万枚を記録。たった2週で27.4万枚を突破したことになります。

King Gnu『CEREMONY』(通常盤)

 昨年末のおさらい記事(『back number、ワンオク、ヒゲダン……2019年チャートをバンド作品から振り返る “やりたいこと”と“届けること”の両立が鍵に』)で書いたように、2019年に最も売れたバンドものの作品はback numberの『MAGIC』(累計28.1万枚)、次点がONE OK ROCKの『Eye of the Storm』(累計27.1万枚)。1年間をかけて生まれたこれらの数字を、今この瞬間、King Gnuがあっさりと塗り替えているのです。すごい。時代が動くってこういうこと。どこまで売れるのでしょうか。

 ギター、ベース、ドラムス、キーボードによる演奏形態ながら、ヒップホップやジャズがベースにあるサウンド。ちらちら顔を出すアバンギャルド/現代音楽の要素。Aメロ→Bメロ→サビという概念を持たない“全部サビ”のメロディ展開。どの角度から見てもKing Gnuの音楽は新しかったのですが、『CEREMONY』の何が突出しているかといえば、彼らが本気で日本全国を射程に収めたこと。最初に聴いて思ったのは、これは聴く場所を選ばない作品だ、ということでした。

 改名後、最初に出した1stアルバム『Tokyo Rendez-Vous』は、その名の通り東京を舞台にしたラグジュアリーな内容でした。東京というよりはTOKYO。人情溢れる下町は含まれない、わかりやすく言うなら渋谷区や港区のイメージ。〈走り出す山手に飛び乗って/ぐるぐる回ってりゃ目は回る/隣のあんた顔も知らねえ〉(「Tokyo Rendez-Vous」)。眠らない混沌の街、顔の見えない人々で溢れる街をサバイブしていく視点が、まず最初にありました。

King Gnu「Tokyo Rendez-Vous」

 次に出たのがメジャーデビュー盤の『Sympa』。よりポップな歌ものを意識したのは明白ですが、視界も少しずつ広がっているんですね。〈退屈なこの街角から抜け出すんだ/俺たちにはビルの向こうの星空が見えてる〉(「Bedtown」)という歌詞に顕著ですが、ここで彼らは東京郊外くらいまでを歌にしている。別にオシャレな都心じゃなくても、それでも街の中で生き抜いていくと本気のギアを入れ始めた状態。まぁそれでも、周囲にビルが見える街、くらいの前提はあったと思いますが。

King Gnu「Bedtown」

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!