大竹しのぶ、一青窈、UAら参加トリビュートアルバム『都はるみを好きになった人』、洋画家 ハタユキコによるジャケット公開

大竹しのぶ、一青窈、UAら参加トリビュートアルバム『都はるみを好きになった人』、洋画家 ハタユキコによるジャケット公開

 都はるみのトリビュートアルバム『都はるみを好きになった人~ tribute to HARUMI MIYAKO ~』(2月22日発売)のジャケットが公開された。

 アルバムジャケットでは、洋画家・ハタユキコによる力強い油絵で、明るい極彩色を使い都はるみを表現。都はるみの力強いこぶしと粋ではつらつとしたイメージに加え、ハタユキコが強く印象に残ったという「笑顔」の都はるみが大きく描かれている。

 また、背景には都はるみの代表曲を連想させる「連絡船」「大阪道頓堀」「京都・五重塔」が描かれ、都はるみの歌声が日本中の遥か彼方まで届くというイメージを、雲海から突き出た富士山と虹により表現されている。

 トリビュートアルバムの参加アーティストは、大竹しのぶ、一青窈、ミッツ・マングローブ、UA 等、世代やジャンルを超えて都はるみをリスペクトする9組が集結した。

大竹しのぶが「千年の古都」を歌う!『都はるみを好きになった人』

 カバーされた楽曲は、初のミリオンセラーとなりレコード大賞新人賞を獲得した「アンコ椿は恋の花」(高橋洋子)、1976年の紅白歌合戦の大トリで歌われた最大のヒット曲「北の宿から」(UA)、 自身 のコンサートでは必ず最後に歌われ、都はるみのテーマ曲ともいえる「好きになった人」(一青窈)、作曲家・岡千秋とのデュエットで話題となった「浪花恋しぐれ」(水谷千重子&Chage)など全9曲。また、CDの発売に先駆け、アルバムに収録される4曲を先行してデジタル配信中だ。

アルバム『都はるみを好きになった人』(2020/2/22発売)都はるみ歌唱オリジナル曲ダイジェスト試聴

ハタユキコ コメント

演歌は紅白でしか聴いたことがなかった私ですが、映像で観た都はるみさんの歌唱力に圧倒され一度でファンになりました。都はるみさんのような歌のジャンルを超越した素晴らしい方を描かせて頂けて大変光栄でした。名曲の数々が時代を越えるお手伝いを少しでも出来れば幸いです。 

『都はるみを好きになった人~ tribute to HARUMI MIYAKO ~』

■リリース情報
V.A『都はるみを好きになった人~ tribute to HARUMI MIYAKO ~』
アルバムより4曲先行 配信中
「アンコ椿は恋の花」高橋 洋子
「好きになった人」一青窈
「浪花恋しぐれ」水谷千重子& Chage
「千年の古都」大竹 しのぶ

リリース日: 2020年2月22日(土)
COCP-41009 ¥ 3,300 (税込)
<CD収録楽曲>
M1.UA/北の宿から(1975年)
M2.一青窈/好きになった人(1968年)
M3. 怒髪天/涙の連絡船(1965年)
M4.ミッツ・マングローブ/ 花の乱(1994年)
M5 民謡クルセイダーズ / アラ見てたのね(1966年)
M6.畠山美由紀 / 大阪しぐれ(1980年)
M7.水谷千重子& Chage / 浪花恋しぐれ(1983年)
M8.高橋洋子 / アンコ椿は恋の花(1964年)
M9.大竹しのぶ / 千年の古都(1990年)

■関連リンク
日本コロムビア公式ホームページ

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!