SixTONES、“カッコいい方”を選択するグループのイズム 密着ドキュメンタリー第3回を見て

 『RIDE ON TIME』(フジテレビ系)で、12月13日の放送から密着取材がスタートしたのが1月22日にCDデビューを控えるSixTONES。1月10日に放送されたEpisode3では「流れる時間」と題して、CDデビュー決定後のメンバーに密着した。

「マジ、ど真ん中にいる」SixTONESが掴んだCDデビューの夢

 CDデビューについて、京本大我は「おばあちゃんとかは本当に毎朝、神社へ行って。10年以上毎朝デビューできますようにって願ってくれてて、本当に喜んでくれてて、デビューは恩返しになる」と周囲への感謝を語り、ジェシーも「マジ、ど真ん中にいる。デビュー遅かったですけどこのタイミングでよかったなって」と喜びを嚙みしめた。

 デビュー曲は、X JAPANのYOSHIKIが作詞・作曲を手掛けた「Imitation Rain」。2019年はジャニーズJr.として最後のコンサートツアーに加え、レコーディング、ミュージックビデオの撮影と、デビューに向けて着々と準備を進めていた。

 メインボーカルとして高音域を担当する京本。レコーディングでは「勝負したいけどな」、「マジ怖ぇ……この決断が一生を狂わせる気がする」と原曲どおりのキーで歌うかどうかを悩んでいた。何年たっても披露する「Imitation Rain」は彼らの名刺代わりになるもの。

 「原(曲)キーでいきましょう。これが歌えなくなったときは俺が脱退のときだわ」と覚悟を決めた。ミュージカルの舞台と重なった際の、喉への負担を懸念した京本。森本慎太郎が「きょも、先はそんなに考えちゃダメだ。いまある仕事を考えないと!」気遣いながら声をかけた。

 ジャニーズのデビュー曲としては珍しい曲調の「Imitation Rain」について、松村北斗は「デビューを逃して、逃して大人になってしまったじゃん、随分。大人になってしまった意味がある曲だなと思う」と語った。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる