YoungBoy Never Broke Again、Roddy Ricch、Lil Romo……DaBabyに続くか、2020年注目のラッパー6組

・YoungBoy Never Broke Again
・Roddy Ricch
・Kenny Mason
・Lil Romo
・Trevor Daniel
・Rod Wave

 2020年が始まったばかりだが、今年注目しておきたいアーティストを今のうちにチェックしておこう。まずは、2018年のトラヴィス・スコット、2019年のダベイビーのようにスーパースタークラスになれるポテンシャルのアーティストを2組予想したい。

ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン|YoungBoy Never Broke Again

『AI YoungBoy 2』

 2020年1月3日付から、Billboardはチャートの集計方法にYouTubeの視聴回数も含むことを発表している(シングルはこれまで計算されていたので、アルバムランキングが対象)。なぜこれを引き合いに出したかというと、YouTubeで圧倒的な再生回数を誇るヤングボーイに有利に働くと考えているからだ。毎週のようにYouTube上だけで5000万回再生を安定して稼ぎ、新曲がなかろうと、Top3を必ず維持。これらの数字を、アルバムに合算すると考えるとかなりの数字が見込めるだろう。

 コダック・ブラックが刑務所に4年近く収容されると判決され、ヤングボーイは「Letter 2 Kodak」という曲をリリースしていた。2人に共通しているのは、若い世代から絶大な支持を受けながらも、リーガルプロブレムが付いて回り、継続して思うようなパフォーマンスができていなかった点だ。ヤングボーイなりの覚悟を、コダックを通して表明したのだろう。保護観察処分も解除され、ついに自由となった彼が、どこまでの爆発力を持っているだろうか。2020年は全力でアクセルを踏んでくるに違いない。

ロディー・リッチ|Roddy Ricch

『Please Excuse Me For Being Antisocial』

 「Die Young」に「Project Dreams」(Marshmello x Roddy Ricch名義)と2018年にヒットを連発。2019年に入ってからもシングルや客演を次々とこなし、着々と準備を整えてきたロディー・リッチ。2020年に突入するにあたり、正しいタイミングで素晴らしい内容のアルバム『Please Excuse Me For Being Antisocial』をドロップした。アルバムリリースが控えめな年の変わり目は、新たなスターが生まれやすい。売上が少なかったにもかかわらず、エイ・ブギー・ウィット・ダ・フーディの『Hoodie SZN』がアルバムランキングで1位をとったのも、2018年のこの時期であった。

 『Please Excuse Me For Being Antisocial』は全曲シングルカットできるほどの、高い品質を維持。アルバムランキングでも初登場1位を獲得。ただ筆者はここが彼の頂点だとは思っていない。12月16日に地元ロサンゼルスで行われた『Rolling Loud Music Festival』では、リリースされて間もないアルバム収録曲の「The Box」で大合唱が起きていた。少しかすれた声を巧みに使い、ビートに合わせて哀愁のある歌を乗せていくスタイルは、もはや誰とも比べられないレベルまで到達している。フロウも多様化し、時折フューチャーのようなラップをしたかと思えば、ヤング・サグのようなハイトーンで自由にラップすることもできる。エイブギー・ウィット・ダ・フーディのようなセルフハーモニーを作り出すことも可能だ。聴けば聴くだけ彼の魅力に取り憑かれてしまう。

 地元からプロップスを得て羽ばたくであろうアーティストとして、ヒップホップの盛り上がりが特に大きい、アトランタとシカゴから1人ずつピックアップしたい。

ケニー・メイソン|Kenny Mason

『Hit』

 2019年アトランタの勢いは、新たな世代に受け継がれるような気がする。J.I.D、EarthGangらを中心に、アトランタのリリカル面が次々と高く評価されるようになってきたが、2020年このスポットを攫うのはウエストアトランタ出身の24歳、ケニー・メイソンであろう。ブレイクアウトシングルになりつつある「Hit」では、お金への執着や、現在の苦しい生活を切実に訴えかける。フロウを何度もスイッチし、高速で駆け抜けるラップセンスは一級品。そしてフックでは、耳に残る特徴的なリフレインを残していく。まるでラップのお手本のような1曲ではないだろうか。まだ曲数もそこまで多くなく、これからどのような手を打ってくるか楽しみなアーティストである。他のアーティストも多く反応しており、デンゼル・カリーも彼のラップを高く評価。J.I.Dに関しては、Revoltのインタビューにて、彼との曲を制作中とまで明かしており、近いうちに大きな注目を集めることになるだろう(参照:『Revolt』

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる