KAT-TUN、2019年の『タメ旅』をタイ・バンコクで締めくくる 中丸雄一「また来年も良い旅ができる」

 12月29日、『KAT-TUNの世界一タメになる旅!+SP』(TBS系)が放送され、KAT-TUNのメンバーとゲストの芸人たちがタイ・バンコクを訪れた。

 『KAT-TUNの世界一タメになる旅!+』は、現在動画サイトParaviで配信中されているジャニーズ初のネット冠バラエティ番組。3度目の海外ロケとなる今回は、亀梨和也&大久保佳代子、中丸雄一&白鳥久美子(たんぽぽ)、上田竜也&平野ノラの3組が、鬼役の斎藤司(トレンディエンジェル)&山崎静代(南海キャンディーズ)に捕まらないように旅を満喫する企画「タメごっこinバンコク」が行われた。

 鬼と行き先が被れば即終了というルールの中、1stターンでサイアムパークシティに向かった上田チーム。上田と平野は75mの高さから急降下する“ブーメラン”というジェットコースターに乗り、上田は「ナメてたわ!」と息を荒げた。一方、中丸チームはクロコダイルファーム&ズーに足を運ぶ。園内には数々の動物がいるため、2人はトラと記念撮影やワニ釣りなどを体験。途中、お土産売り場に立ち寄った中丸は「色々行った先で地元っぽいTシャツを買うのが趣味なんですよ」と語った。亀梨チームは、チャオプラヤー川周辺で秘境サイクリング。「こういう所でのんびり生活するっていうのも……」と亀梨がこぼすと、大久保は「いつでも良いよ」と彼女のように振る舞った。

 1stターンは全員セーフに。続く2ndターンでは、鬼チームが大久保は亀梨と高級マッサージ&スパに行きたがると予想。その予想通りに亀梨チームはスパ店に向かうが、そこで何と上田チームと合流した。しかし、鬼チームは予想とは違うムエタイ体験へ。そのため、亀梨・上田両チームはマッサージの気持ちよさを味わった。そして、マッサマンカレーを食べに向かった中丸チーム。中丸は世界一美味しいと名高いココナッツを使ったカレーをおかわりし、「日本人の舌にもめちゃくちゃ合う!」と絶賛した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる