ジェニーハイ、BiSH アイナ・ジ・エンドとコラボ曲披露 千鳥 ノブも登場した1stアルバムリリース記念ライブ

ジェニーハイ、BiSH アイナ・ジ・エンドとコラボ曲披露 千鳥 ノブも登場した1stアルバムリリース記念ライブ

 小籔千豊(Dr)、くっきー!(Ba)、中嶋イッキュウ(tricot/Vo)、新垣隆(Key)、川谷絵音(ゲスの極み乙女。、indigo la End/Gt&プロデュース)からなるジェニーハイが、11月27日発売の1stフルアルバム『ジェニーハイストーリー』リリース記念フリーライブを、東京・六本木ヒルズアリーナにて開催した。

 5、4、3、2、1……とカウントダウンが終わると、白のスクリーンにメンバーそれぞれのシルエットが浮かび上がり、会場は大歓声に包まれる。「ジェニーハイのテーマ」に合わせ、メンバーが次々と登場し、自己紹介ラップを披露した。新垣が一生懸命ラップを歌う姿を後押しするように、会場から自然と手拍子があがっていたのが印象的だった。全員でジェニーハイの「G」を表した「Gポーズ」でダンスも披露。まさにオープニングにぴったりの一曲で幕を開けた。

 その後、新垣が眼鏡の上からサングラスをかけ、先日出演した『ミュージックステーション』でもらったティッシュを手に持ち、メンバーが「タモさんやん」といじる場面も。続いてQUEENの「ボヘミアン・ラプソディ」のMVを模したフォーメーションになると、「ジェニーハイラプソディー」へ。くっきー!がCDとは違った歌い方で、表情豊かに歌うのも見ていて楽しかった。

 くっきー!が「寒いやろ。20分後、体ほかほかになってるから! 六本木揺らそうぜ! 踊れ踊れ!」と煽り、「ランデブーに逃避行」へ。一気にバンドサウンドへと移行し、引き込まれていく。「グータラ節」を披露する頃には、道行く人も大勢足をとめて聴いている光景が見られた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる