WONK、配信シングル曲「Signal」MV公開 同時再生で一つの音楽になる仕掛けも

WONK、配信シングル曲「Signal」MV公開 同時再生で一つの音楽になる仕掛けも

 WONKが、配信シングル曲「Signal」のMVを公開した。

Yamaha Earphones×WONK –  Signal (Official Music Video)

 「Signal」は、日々の大切な場面や日常を後押しすることを表現しているYAMAHAのブランドプロミス“Make Waves”と、アーティストが本当に届けたい音を届ける新製品コンセプトの“True Sound”からWONKが着想を得て制作した楽曲。「Signal」(音の信号)は、音を発信、受信する際に不可欠であり、私たちは常にイヤホンでSignalを受信して音楽を聴いており、さらに音楽を通して様々な想いを受発信していることからこのタイトルにたどり着いたという。

 楽曲は、音による後押しを発信する側および音による後押しを受信する側という2つの視点で構成。さらに、発信する側を「天上世界」、受信する側を「現実世界」という2つの世界で表現している。

 「Signal」の完成版MVに先駆け、11月4日にはWONKの所属レーベルである<EPISTROPH>公式YouTubeアカウントにて「Yamaha Earphones × WONK 11/-」、「-/11」の動画を公開。本動画は2つの動画を同時に再生すると1つの音楽(新曲「Signal」)が完成する仕組みとなっており、「Yamaha Earphones × WONK 11/-」は、「音による後押しを発信する側(=天上世界)」を、「-/11」は「音による後押しを受信する側(=現実世界)」を表現した内容として制作された。また、タイトルの「Yamaha Earphones × WONK 11/-」と「-/11」を組み合わせると「Yamaha Earphones × WONK 11/11」になり、11月11日にYAMAHAのイヤホンの新製品の発表、および完全版のMVが発表になることを示した内容となっていたという。

 同MVは、監督を林響太朗が担当し、楽曲の骨子となっている2つの視点である「発信する側(天上世界)」と「受信する側(現実世界)」を描いた作品。天上世界をWONKが演奏することで表現し、現実世界はダンスで表現。ダンサーにはマドンナのバックダンサーを務めたこともある仲万美を起用している。

江﨑文武(キーボーディスト/音楽プロデューサー)

ヤマハ音楽教室でピアノを習い始めたこともあり、YAMAHAさんとコラボレーションすること自体、とても嬉しく思います。奇しくもピアノが重要なパートを担う楽曲になりました。映像との絶妙なコンビネーションもぜひお楽しみ頂きたいです。

■リリース情報
配信シングル「Signal」
2019年11月11日(月)デジタル配信
「Signal」配信はこちら

EP『Moon Dance』
01.Blue Moon
02.Orange Mug
03.Sweeter, More Bitter
04.Mad Puppet
05.Phantom Lane

『Moon Dance』配信はこちらから

■ライブ情報
12月2日(月)  WONK’S PLAYHOUSE@恵比寿LIQUIDROOM
詳細はこちら

WONK HP
WONK Instagram
WONK Twitter
Caroline International

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる