>  >  > 乃木坂46齋藤飛鳥、悲しき交友関係を明かす

乃木坂46 齋藤飛鳥、悲しき交友関係を明かす「問題があるのはわかってるんです」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チュートリアル・徳井義実、福田充徳、中野美奈子がMCを務める『乃木坂46のザ・ドリームバイト!』(フジテレビ系)10月8日放送回では、乃木坂46の高山一実、松村沙友理、齋藤飛鳥が登場した。本番組は、憧れのプロフェッショナルの現場で職業体験をし、現実の厳しさや、感動体験を伝えるドキュメント番組だ。

乃木坂46『夜明けまで強がらなくてもいい』(Type-B)

 番組冒頭では、乃木坂46結成8年目ということでメンバーの芸能界の交友関係についてトークが展開された。齋藤は「私本当に友達いなくて、なんでですかね?」と尋ねるも「嘘です、問題があるのはわかってるんです」とすぐに否定し、スタジオから笑いが起こる。

 高山が、齋藤が1人焼肉をするために電話で予約している様子を聞いていて「めっちゃ面白かった」と明かす。高山が思わず笑ってしまった電話の内容は、齋藤が席が空いているか電話で尋ねて「1人なんですけど……」と何度も電話口で伝えるが、店員に「2人ですか?」「2人ですよね?」と返され続けてしまうため、最終的に「じゃあ2人で、もしかしたら1人になるかも……」と返答したというもの。店員とあまりにも噛み合わなかったエピソードに笑いが起こった。

      

「乃木坂46 齋藤飛鳥、悲しき交友関係を明かす「問題があるのはわかってるんです」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版