日向坂46 “はなちゃんず”こと富田鈴花&松田好花、待望のユニット曲誕生 二人の関係性振り返る

 そうした背景を経て、ようやく生まれた二人のユニット曲が「まさか 偶然…」だ。同曲は、日向坂初のペアユニット曲であり3rdシングル唯一の二期生楽曲。そういった点においても、「まさか 偶然…」は満を持して制作された楽曲であることが伺える。グループ全体曲では常に後ろのポジションにいた富田と松田。同曲は、バラエティで自分のポジションを築いてきた彼女たちの地道な努力が報われた証と言ってもいいだろう。

 さて、「まさか 偶然…」は、ゆったりとした曲調でどこか懐かしさとあたたかさを感じる名曲だ。特に叙情的に歌い上げる富田と松田の歌唱と、そんな二人の歌声が重なったときのハーモニーが素晴らしい。また、ゆいちゃんずのようにフォークデュオとして成立できる楽曲。(MVは未公開のため)現段階では実際に二人がギターを弾いているのかは定かではないものの、同曲で二人がギターを弾く様子が見られる日も近いのではないだろうか。日向坂にとってまた新たなライブパフォーマンスの武器を手に入れたのだと実感する。

 同シングルの特典映像では、全メンバーの休日を自撮りで紹介する「ひなたの休日」を収録。同映像では、富田がDTMで曲作りにチャレンジしている様子が収められている。『HINABINGO!2』(日本テレビ系)では、MC・小籔千豊の誕生日会でオリジナルソングを作曲し、上村ひなのの歌に合わせギター伴奏をしていた。彼女が、日向坂の音楽クリエイターとしてのキャラも本格的に開花できたらまた面白い展開が生まれそうだ。

(文=本 手)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる