>  >  > GLAY『LIVE DEMOCRACY』2日間レポ

『GLAY 25th Anniversary "LIVE DEMOCRACY" Powered by HOTEL GLAY』

GLAY、25周年ライブから感じた“愛の深さ” 『LIVE DEMOCRACY』2日間を振り返る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月17日、18日の2日間、メットライフドームにて『GLAY 25tn Anniversary “LIVE DEMOCRACY”』が行なわれた。本公演はGLAY25周年のテーマでもある“DEMOCRACY(民主主義)”から生まれた7つの公約のうちの一つ。セットリストの一部をファンからの投票で決めるなど、まさに民主主義を体現したライブと言えるだろう。また、1日目は“良いGLAY”、2日目は“悪いGLAY”とコンセプトが分かれているのも、見どころの一つだ。GLAYのドーム公演は実に5年ぶり。猛暑にも関わらず、久しぶりにドームに立つ4人の姿を一目見ようと集まったファンで会場は満員に。オフィシャルサイトには暑さ対策についての特設ページが開設され、会場には無料の給水所まで設置された。ファン思いで有名なGLAYだが、ここにも心配りが感じられた。

1日目「良いGLAY」は王道のセトリで攻める

TERU(写真=田辺佳子)

 花道の先にあるセンターステージに出現した巨大な白い球体が割れ、中から現れたのは真っ赤な衣装の4人。「HAPPY SWING」が始まると一曲目から満面の笑みを浮かべるメンバーは、ステージギリギリまでファンに近づいて「アリーナ! スタンド!」と煽り、“GLAYチョップ”でファンはそれに応える。勢いをそのままに「口唇」へ。真っ赤なライトがドーム中を照らし、正面のメインステージからは火柱が上がる。ギターソロではTAKUROとHISASHIが無邪気に笑い合うシーンも。「グロリアス」では天井まで届きそうなほど高く水が噴き出す演出があったが、高まる会場のボルテージは冷める気配すらない。JIROも「ぶっ倒れんなよ!」と笑顔で会場を煽る。

 「More than Love」では、大きな車に乗り、スタンド席のファンへサービスタイム。夢中で手を振るファンの姿に4人も優しい笑顔に。のちのMCでTERUは「(あんな感じで)より近くに届けたい。皆さんのためのメットライフドームなんで」と語り、この日集まったファンの心を鷲掴みにした。実はここまでのセットリストは、1999年の幕張メッセで20万人を集めた伝説のライブ『GLAY EXPO ’99 SURVIVAL』のセットリストと全く同じ。GLAYの歴史に深く刻まれた一日をこの場所で再現してくれたことは、ファンにとって最高のプレゼントになっただろう。

 「体感温度とGLAYのライブ、どっちがアツいんだ?!」とTERUが煽り、「サバイバル」、「SOUL LOVE」と立て続けにヒット曲を披露。スクリーンには、夕日をバックにギターを掻き鳴らすTAKURO、HISASHIの姿が。壁のないメットライフドームだからこその天然の演出が、2人を引き立てる。涼し気な青いライトの下、スタンドマイクを握りしめたTERUが歌ったのは「夏音」。この時期にぴったりの極上のバラードだ。「YOUR SONG」が終わると、突如「GLAY史上初の休憩はさみます!」と宣言し、一旦クールダウンのための休憩タイムとなった。

 後半戦はファン投票で選ばれたトップ3を披露。3位の「南東風」ではタオルを回してノリノリのフロア。2位の「BEAUTIFUL DREAMER」では、「これから一緒に夢を見ていこうぜ!」と愛ある言葉をファンへ贈るTERU。歌詞に合わせてTERUが投げキッスをすると、悲鳴のような歓声が沸き起こった。1位は「pure soul」。スクリーンに流れる歌詞と、アコースティックギターの音が胸にじんわりと染みわたる。気づけば、外は暗くなっていた。しっとりした雰囲気をそのままに、「春を愛する人」へ。〈僕らの掌 わずかな時間しかないさ だから体中で愛を伝えたくて 生き急いでる〉と優しい表情で歌うTERU。この曲はGLAYからファンに向けた愛のメッセージだろうか。

 「JUST FINE」からは、ラストスパートへ向けて一気にヒートアップ。事前に配られていたライト付きのリストバンドが音に合わせて光ったり、メンバー4人そっくり(?)の超大型人形がステージに出現したりと、次々に仕掛けが飛び出す。花道にメンバーが舞い戻ると「ピーク果てしなく ソウル限りなく」「彼女の“Modern…”」「HIGHCOMMUNICATIONS」と畳みかけ、会場を熱狂させたまま本編は幕を閉じた。

 アンコールの「BELOVED」で優しい雰囲気に包まれた会場は、「誘惑」で再び熱狂の渦へ! ラストは「XYZ」で爽やかに締めくくった。最後にスクリーンに映った4人の姿は、汗だくの満足気な笑顔だった。終演後のスクリーンに流れたのは、最新アルバムのタイトルと発売日の告知。「NO DEMOCRACY」と名付けられたGLAYの新しい作品が10月2日に発売されることが決まり、大きな歓声がドームに響いた。

      

「GLAY、25周年ライブから感じた“愛の深さ” 『LIVE DEMOCRACY』2日間を振り返る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版