>  >  > Ms.OOJAが作り上げる幸せな空間

Ms.OOJAのシルキーボイスが作り上げる幸せな空間 ライブで感じた“おじゃファミ”との温かい関係

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月7日に7thアルバム『SHINE』を発売したMs.OOJA。「傷ついた分だけ、あなたは輝ける」という強いコンセプトのもと制作された同作には、応援歌やメッセージソングがたっぷり詰め込まれている。その『SHINE』のリリース記念ライブ『Ms.OOJA AL「SHINE」 release live』が同日、LDH kitchen THE TOKYO HANEDAにて行なわれた。

Ms.OOJA

 まずステージに姿を現したのは黒田晃年(Gt)、石田まり(Pf)、DJ GOH(Manipulator)というおなじみのメンバー。波の音のSEが流れると、Ms.OOJAが姿を現し、『JTB presents 王様の冒険』イメージソングの「海を見てる」からスタート。いきなり彼女の伸びやかなシルキーボイスが会場に広がっていく。続けてリズムが小気味よい「My Song」。観客もクラップをしたり、一緒に歌いつつ、ハッピーな空間が広がっていく。

 「改めまして、Ms.OOJA、ニューアルバム『SHINE』リリースライブへようこそ!」と声を上げると、会場からは大きな拍手が。同時配信をしていたLINE LIVEの視聴者にも挨拶をし、「皆さん楽しんでいってください」と観客をもてなした。「(今日は)ゆっくりやっていこうと思って」と、「海を見てる」と「My Song」について話すMs.OOJA。「海を見てる」は同い年の音楽プロデューサー・her0ismと作った曲で、“以前冬のラブソング「White Letter」を作ったから今回は夏のラブソングを作ろう”と、話して出来上がった曲。「My Song」は、ライブで歌ってほしいと想像しながらRyosuke “Dr.R” Sakai、シンガーソングライターのルンヒャンとともに作った曲だという。

 続く「星と半分の月」は、ギターの黒田と制作した曲。印象的なギターリフからスタートし、Ms.OOJAの歌声が乗り、曲が厚みを増していく。曲が終わると、改めてメンバー紹介とアルバムの紹介、そして「Sweet Pain」から映画『あの空の向こうに~夏雲~』の主題歌「夏雲」へ。疾走感溢れる曲には彼女の伸びやかな声がピッタリだ。「この曲はちょうどアルバムの真ん中に入ってるんですけど、アルバムを通して言いたいことを全て言っている、『SHINE』の中枢になる曲です」と紹介したのは、短編映画『くもり ときどき 晴れ』の主題歌「くもり ときどき 晴れ」。優しい笑顔が歌う姿が印象的だ。

 1曲ずつ丁寧にパフォーマンスをしていくMs.OOJA。次は「うちのA&Rが“この曲は絶対おじゃファミ(Ms.OOJAファンの総称)好きだよね”って言ったんですよ。そうしたら、本当に“この曲好き”って皆が反応してくれて、自分らしい曲だし、おじゃファミらしい曲だし、これから育っていきそうな曲です」と、「PIECE」を披露する。しかし、ここでハプニングが。Aメロを歌った後「ごめん、もう一回やっていい?」と曲をストップ。「すごく良いところで歌詞を間違えました……」と再びやり直し、会場にはほのぼのとした空気が流れた。そんな温かな空気の中、妹の結婚式で感じた気持ちを綴った「Love Song」を披露し、さらに会場には幸せな空気に包まれていった。

      

「Ms.OOJAのシルキーボイスが作り上げる幸せな空間 ライブで感じた“おじゃファミ”との温かい関係」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版