>  >  > 日向坂46加藤史帆、佐々木久美へ想い語る

日向坂46 加藤史帆、佐々木久美への想いを伝える「男の子だったら結婚してました」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小籔千豊が司会を務める日向坂46の冠番組『全力! 日向坂46バラエティー HINABINGO!2』(日本テレビ系)が、7月16日25時29分より放送開始した。

 初回放送は夏ということもあり、メンバー全員が浴衣で登場。小藪が「浴衣着るとみなさん綺麗ですね」とコメントすると嬉しそうに喜び「小藪さんも浴衣着てるよ! かっこいい〜!」とコメントすると「このやりとり誰が楽しいん?」と照れながら小藪がツッコミをいれる一幕も。全シーズン同様、メンバーと小藪の楽しい掛け合いも健在だ。

 今回の企画は「全力熱唱! 日向坂46あなたのために歌いたい!」。大切な人へ普段言えない想いを歌に込めて伝えるという企画だ。

日向坂46『ドレミソラシド』(TYPE-B) (Blu-ray Disc付) (特典なし)

 トップバッターは加藤史帆がキャプテン・佐々木久美へ想いを伝えることに。加藤は「本当に仲が良くて、久美が男の子だったら結婚してました」と愛情を表現。佐々木は「私への想いをあんまり口に出してくれないので、たまに不安になるんです。一方通行なのかなと思っていたけど、今すごい泣きそうになりました」と喜びをコメントした。佐々木へ送る楽曲は西野カナ「Best Friend」。歌う途中で想いが溢れて涙してしまう加藤。曲を聴き終わり、佐々木は「改めて歌詞がすごい良いなと思って、胸にきました。私も同じ気持ちだと思いました!」と涙を浮かべながら加藤への気持ちを伝えた。

 次は金村美玖が丹生明里へ大原櫻子「サンキュー。」を贈ることに。「日向坂46の初期の頃からいつも相談に乗ってくれ、落ち込んだ時も連絡を取ってくれて嬉しかった」と金村が想いを伝えると、歌を聴く前に泣いてしまう丹生。それを受けて「私は、仲が良い人ほどそっけないので、いつもツンツンしちゃんうんですけど……」と涙で言葉に詰まりながらも気持ちを伝えた。歌唱後、丹生は「〈宇宙で一番好きだよ〉とか〈離れていても/並んでいても/ちゃんと繋がっている〉とか歌詞のひとつひとつが突き刺さって、こんな私にそう言ってくれてありがとうって気持ちです」と涙ながらに語ると、小藪が「でも歌う前に泣くのはやめてほしい、ベストボイスが出ないので」とツッコミを入れると丹生は「ベストハートは出てます!」と返し、金村の想いを受け止めた。

 そして、井口眞緒は、齊藤京子へ郷ひろみ「言えないよ」を熱唱するも、音程がうまくとれず、お世辞にも上手いとは言えない歌唱を披露。そこからまさかの齊藤へバトンタッチし、完璧に齊藤が歌いあげるというミニコントを披露する一幕や、さらに小坂菜緒、上村ひなの、河田陽菜の3人が、宮田愛萌、渡邉美穂、濱岸ひよりの3人へいきものがかり「ありがとう」で日頃の想いを伝え、河田が濱岸へ「いつも一緒にいるんですけど、泣いていたりしたらすぐ話しかけてくれて、それで元気が出るのでありがたいです。」と2人で励まし、支え合っていることを明かした。

      

「日向坂46 加藤史帆、佐々木久美への想いを伝える「男の子だったら結婚してました」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版