>  >  > V系シーンにおける“ファンサ”への考え方

V系シーンにおける“ファンサービス”への考え方 『有吉ジャポン』から見えた最新事情

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0.1gの誤算『アストライアの入滅』(通常盤A)

 6月21日に放送された『有吉ジャポン』(TBS系)では、「ヴィジュアル系バンドを支えるバンギャたち」と題して、最新のヴィジュアル系バンドのファンサービスと、お金をつぎ込む“バンギャ”たちのリアルな姿が放送された。番組で取り上げられたのは、今年28周年を迎えるPENICILLINと、若手バンド・0.1gの誤算。特に0.1gの誤算は「バンギャ一人あたりがバンドにつぎ込む金額が大きい」と紹介され、具体的なファンサービスの内容が赤裸々に公開された。

 たとえば、ライブの物販で1,500円のCDを2枚買うと、好きなメンバーと2ショットチェキが撮れるというもの。このサービスは、地下アイドルやメンズアイドルの現場で行なわれているイメージが強いが、最近はヴィジュアル系シーンでもかなり多くのバンドが導入している。また、0.1gの誤算には物販1,500円分で1ポイント貯まるポイントカードがあり、貯まったポイントに応じて、2ショット動画撮影や、プリクラ撮影などのサービスが受けられる。約11万円分のポイントを貯めれば、ライブハウスで自分だけのために好きな曲を演奏してもらえるという、なんとも夢のような企画まであるのだ。まるでメイドカフェのようなシステムだが、何度もライブに通って物販を買うバンギャの人数を増やすには、有効な手段だろう。さらに、チェキや動画だけに留まらず、メンバーと生で触れ合うイベントも頻繁に開催されている様子。魚釣り(2時間/6,500円)、カラオケ(1時間/6,500円)、BBQ(9,800円)、ボーリング(25,000円)など、メンバーと一緒にさまざまなレクリエーションが楽しめる。金額はライブのチケット代よりも高額だが、ステージから降りたメンバーと至近距離で話せるのは、満足度が高いようで、「延長料金払ってもいいから、まだ居たい!」と笑顔で豪語するファンの姿も。

『有吉ジャポン』6/21(金) 伝説のバンド PENICILLINが新事業を初告白!?【TBS】

 2010年以降あたりからヴィジュアル系では、このようなファンとの交流イベントが盛んだ。若手バンドはもちろん、日本武道館やZepp Tokyoクラスでライブを行う人気バンドでも、新曲をリリースすれば全国各地のCDショップでインストアイベント(握手会、撮影会、サイン会など)を開催してまわり、その参加券は争奪戦となる。1人で数十万円分のCDを購入し、メンバーと撮影した大量のチェキと紙袋いっぱいのCDを両手に抱えて帰るような、撮影会に大金をつぎ込むバンギャの数も増えた。下火と言われがちなヴィジュアル系シーンで、ライブや音源での収入のみでは食べていけないバンドがいるのも事実。ファン側としては少しでも長く活動してほしいのが本音だ。ファンサービスにお金をつぎ込むことでバンドが潤い、不安なく応援できるのであれば、win-winなのかもしれない。

      

「V系シーンにおける“ファンサービス”への考え方 『有吉ジャポン』から見えた最新事情」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版