ゴールデンボンバーは楽曲を“前例のないアイデア”で届けて来た 新元号ソング「令和」での功績

 ゴールデンボンバーが5月10日、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演する。曲はもちろん4月1日に発表され、10日にCDリリースされた「令和」だ。「どこよりも早く新元号の曲をリリースする」というコンセプトの元、4月1日の新元号発表からわずか1時間で楽曲・ジャケット・MVを完成させた。

ゴールデンボンバー/令和 Full size
ゴールデンボンバー『令和』

 カレンダー業者級の速度で売り出したCDは、オリコンシングルCDチャートは初登場14位。CDが売れないこんな世の中じゃ、と言いたくもなるが、その一方でネット上では絶大なバズを生み出した。本作の制作風景はLINE LIVEで生中継され、累計10万人以上の閲覧数があったという。そして、メンバーが北九州の成人式でおなじみの貸衣装店「みやび」を纏いダンスするMVは、現在YouTube上で1000万に迫る勢いで再生されている。3月29日〜4月4日のオリコンのYouTubeチャート、4月15日付のBillboard JAPAN HOT BUZZ SONGでも首位を獲得した。制作風景はLINE LIVEの他TVでも中継されたのち、数多のワイドショーでも取り上げられ、“最速”によるメディアでの波及効果は絶大だ。なお、例によって「宣伝費はゼロ」である。(個人的にはジャケット裏のメンバーの平成元年時の写真が超カワイイCD版『令和』も、ぜひ手にとって欲しいですが!)

 これまでも、『スッキリ!』(日本テレビ系)、『CDTV』(TBS系)などに出演し、「令和」を披露した際には、喜矢武豊による人間習字パフォーマンスが話題となった。今回『ミュージックステーション』でのパフォーマンスも期待される。

人間習字でゴールデンボンバーが新元号「令和」を書く!生放送で初挑戦…成功なるか!?【スッキリ】【公式】

 ゴールデンボンバーのVo-karu(※ボーカル)であり、すべての楽曲を手がけるコンポーザーの鬼龍院翔は、4月5日にTBSラジオ『ACTION』にゲスト出演した際、パーソナリティの武田砂鉄から「令和」について尋ねられたところ、「はい、便乗しました」とあっけらかんと答えていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる