>  >  > きのこ帝国、活動休止の決断

兵庫慎司の「ロックの余談Z」 第26回

きのこ帝国が決断した活動休止の選択 兵庫慎司が近年の活動から感じていたこと

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いつもきのこ帝国を応援していただきありがとうございます。本日2019年5月27日をもちまして、きのこ帝国の活動休止をご報告させて頂きます。」

きのこ帝国『タイム・ラプス』(通常盤)

  という文章で始まる「大切なお知らせ」が、5月27日、きのこ帝国のオフィシャルサイトにアップされた。

 ベーシストの谷口滋昭が2019年の年明けに脱退の意思をメンバーに伝えたこと、音楽をやめて家業のお寺を継ぐと決めたのがその理由であること、3人はサポートを迎えてバンドを続けることも考えたが、谷口以外のベーシストと続けることは現状イメージができなかった、ゆえに「今後谷口が、またバンド活動を行える状況になった際にはきのこ帝国に戻って来れるように、籍を残したまま活動を休止します」と決めたことが、「きのこ帝国メンバー、スタッフ一同」による文章と、各メンバーそれぞれの文章で発表された。

 「きのこ帝国メンバー、スタッフ一同」の方は、「これからは、残るメンバーがきのこ帝国の活動再開のイメージが湧くまで、それぞれが別の道を歩みます。佐藤千亜妃、あーちゃん、西村コン、谷口滋昭の今後を応援して頂けたら幸いです」という一文で締められている。

 2017年で結成10周年を迎え、2018年9月にアルバム『タイム・ラプス』をリリースし、東阪でライブを行って以降は、きのこ帝国は活動していなかったこと。その『タイム・ラプス』の2カ月前に佐藤千亜妃(Vo/Gt)は初のソロ作品『SickSickSickSick』を発表、バンドが止まって以降はソロでライブを行っており、今年4月4日には新曲「Lovin’ You」を配信&ストリーミングで発表し、4月16日には代官山・晴れたら空に豆まいてで“新曲を次々とやるライブ”も開催していた、つまりこのあとソロのアルバムを作るのであろう、とうかがえたこと。

 などを鑑みて、「ああ、やっぱり佐藤千亜妃はソロになるんだなあ、バンドをやめる布石だったんだなあ」と思った人がもしいたとしたら、その人はあまり注意深くきのこ帝国を追ってこなかったのだと思う。ソロもやりたいけどバンドはやめる気ありません、ソロはソロだけどバンドはバンドです、というサインを(意識的にか無意識にかはわからないが)出しながら行ってきたのが、佐藤千亜妃のこれまでのソロ活動だったからだ。

 ミニアルバム『SickSickSickSick』は、まりんこと砂原良徳を共同プロデューサーに迎えたことが前面に表れているサウンドプロダクトだった。2018年暮れの『COUNTDOWN JAPAN』出演時や、2019年3月のodolのライブのゲスト出演時は、ドラムのboboなど凄腕のミュージシャンが集結してのバンド編成だったが、基本的にギターバンドフォーマットであるきのこ帝国とは異なる、R&BやAOR、ダブ等に寄ったサウンドである。

「きのこ帝国が決断した活動休止の選択 兵庫慎司が近年の活動から感じていたこと」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版