サポート降格、週末だけ活動……各々のスタイルを軸にバンドと就職問題を考える

「吉野エクスプロージョン、サポートギターへ降格のお知らせ」

 というニュースが、5月8日にハンブレッダーズのオフィシャルサイトにアップされた。THE BACK HORNの岡峰光舟や、東京スカパラダイスオーケストラの加藤隆志のように、サポートから正式メンバーになる、というのはよくあるが、逆はめずらしい。自分の知っている限りでは、初めて遭遇したかもしれない、こういうケース。

ハンブレッダーズ『イマジナリー・ノンフィクション』

 アップされたメンバーのコメントと、ムツムロアキラ(Vo/Gt)のブログによると、大学を卒業後、ムツムロ以外の3人は就職して働きながらバンドを続けてきたが(ムツムロはコンビニでアルバイト)、活動が本格的に軌道に乗り始めて、今のままでは制約が大きいので木島(Dr)とでらし(Ba/Cho)は会社を辞めることを決意。しかし、吉野(Gt/Cho)は「この先バンドに集中して生きる選択肢はない」とムツムロに告げたという。

 それで、「新しいギタリストが見つかるまで暫くの間は吉野に協力してもらいます。もしかしたらすぐかも知れないし、半年かも知れないし、一年以上かも知れないし、それはわかりません」(ムツムロ)という方法を選び、吉野はサポートメンバーになる、来れない時は別のギタリストが弾く、ということにしたそうだ。

 何それ? と、最初は思った。次のギターが見つかるまでは正式メンバーのままで、次が見つかった段階で交替、というんじゃダメなの? いや、だから、それだと会社員との両立が無理なんですってば、ということなら、ここで吉野は脱退、今後は正式メンバー3人と別のサポートギターで活動していきます、そのうち正式メンバーのギターが入るかもしれないし、ずっとサポートのままかもしれないね、というのでもいいし。なんでそれらの方法じゃダメで、「降格」が現時点での最良の手段だと判断したの?

 と、まあ、あたりまえに考えたわけです。しかし。その次の瞬間に思い出した。「カステラがデビューした時の“ドラムは就職”状態、おもしろがってた側じゃねえか、俺は」ということを。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!