>  > Dream Shizuka、ソロデビュー

『4 FEELS.』インタビュー

Dream Shizukaが語る、17年目のソロデビューへの決意 「夢を追い続けることをやめたくない」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dream、E-girls、DANCE EARTH PARTYという3つのグループで活動してきたDream Shizukaが、キャリア17年目にしてついにソロアーティストとしてのスタートを切った。2月に先行配信された「かなしみから始まる物語」に続き、今回リリースされる1stシングル『4 FEELS.』には、その名の通り、今の彼女の内面に渦巻く4つの感情が、異なるサウンドに乗せて紡ぎ出されている。1人の人間として抱える迷いや悩みすらも赤裸々に吐き出した上で、ソロに対しての揺るぎない決意を歌っていく彼女の声。そこには、これまでのイメージを軽やかに覆すパワーがある。楽曲同様、ありのままの思いを聞かせてくれたこのテキストから、“新人”ソロアーティスト・Dream Shizukaの熱い思いを感じ取って欲しい。(もりひでゆき)

すべてが大切な自分のルーツ

――ShizukaさんはこれまでDreamやE-girls、DANCE EARTH PARTYといったグループの一員として活動してきました。そこで過ごした時間は今、ソロアーティストとして一歩を踏み出したご自身にどんなものをもたらしていると思いますか?

Dream Shizuka(以下、Shizuka):どんなときも諦めず、すべてを楽しんでいく姿勢を、大切な仲間たちと過ごしたグループとしての時間が教えてくれたと思います。それぞれのグループの中では本当に様々な表現をさせていただけたので、それによってすごく鍛えられたところもありました。1人のアーティストとしての振り幅や、挑戦する気持ちの大事さも勉強することができました。そういう意味ではグループでの経験のすべてが今の私に繋がっている、すべてが大切な自分のルーツになっています。

――グループに在籍している頃からソロデビューという夢は抱いていました?

Shizuka:もちろんそういう気持ちはゼロではなかったですけれど、夢のまた夢だという感覚の方が強かったです。グループ内では他のメンバーに頼ってしまう部分もあったから、私はまだ1人でやる器ではないんだろうなって。ただ、そんな自分を変えて、1人でも活動できるくらいにならなきゃダメだなという思いは常に持っているようにしていました。

――では、昨年末にソロ宣言をしたときには、1人でもやっていける自信と覚悟を手に入れていたわけですね。

Shizuka:もちろん怖さはありました。少し先の未来に置いていたソロ活動が急に実現することになったので。ただうれしさもありましたし、17年くらい活動してきた今のタイミングでソロというチャンスをいただけることのありがたさを強く実感しました。このチャンスには絶対に意味があるはずだから、自分にできることをとにかく頑張って進んでいこうっていう気持ちになっていました。

――今年2月にはソロとして初の音源となる「かなしみから始まる物語」が配信リリースされました。これまでのイメージからすると、歌の持つ力を最大限に引き出すバラードだったことにちょっと驚いたところもあって。

Shizuka:私が今のこの職業に憧れた一番の理由は、歌で思いをしっかり伝えられる人になりたいっていう気持ちからだったんです。そのため、1回きりしかないソロとしてのスタートは、自分の原点を感じてもらえる曲がいいと考えました。いろんなもので着飾って派手にするのではなく、シンプルに自分の声で勝負しようと。そう考えた時に、2、3年前から温めていたこの曲のことを思い出し、もうこれしかないなってピンと来たんです。この曲がずっと陽の目を見なかったのは、きっとこのタイミングのためだったんだなと。

――弱ささえも見せた上で前へ進む決意を伝える歌詞もすごく印象的です。

Shizuka:ド頭から<Sorry ごめんなさい>って謝ってる斬新な歌詞ですよね。ソロとしては、自分自身のネガティブな部分だったり、かっこ悪い部分、不器用な部分もしっかり見てもらうところからスタートしたい思いがあったんです。これまでの私は決して順風満帆ではなかったし、時には落ち込んでしまうこともありました。でも、今の自分はみなさんに笑顔になってもらいたいし、ハッピーエンドが待っている未来に向かって頑張っていきたい気持ちが強いんです。そういった気持ちを公私ともにお世話になっている小竹(正人)さんに歌詞にしていただきました。

――配信以降、ファンからはどんな反応が届いていますか?

Shizuka:E.G.familyのホールツアーでも歌わせていただいたんですけれど、タイトルのインパクトとバラードだっていう部分に関してはみなさん驚かれている感じでした。でも私が伝えたい思いがちゃんと届いている実感があったし、みなさんが自分自身のことに重ね合わせて聴いてくださっているようにも感じられて。Dream Shizuka自身のことを歌った曲ではあるけど、それがみなさんの曲にもなってくれている。それがすごく嬉しいです。

      

「Dream Shizukaが語る、17年目のソロデビューへの決意 「夢を追い続けることをやめたくない」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版