YuNiが語る、バーチャルシンガーを貫いて得た音楽活動の充実「Vと現実の架け橋になりたい」

YuNiが語る、バーチャルシンガーを貫いて得た音楽活動の充実「Vと現実の架け橋になりたい」

『clear / CoLoR』は“今のYuNi”を見せるアルバム

ーー「透明声彩」や「Winter Berry」と比べると、「花は幻」や「ジレンマ」は、YuNiさんの声の表情も随分と違うものになっていますよね。

YuNi:YuNiが素で歌った雰囲気は、実は「花は幻」や「ジレンマ」の方の声に近いので、そういう部分が出ているのかなぁ、って思います。自分の内側から出てくる感情の曲ですね。特に「ジレンマ」は、今までのどの曲よりも音域が自分に合って、すごく歌いやすかったです。

ーー一方で、kzさんが楽曲を担当した「Write My Voice」はどんな風に作ったんですか? この曲は歌詞も印象的で、最初に聴いたときに思わず感動してしまいました。

YuNi:「Write My Voice」は、公表してはいないんですけど、実は「透明声彩」の続編のような曲を作りたいと思ってできた曲でした。

ーー歌詞からもその雰囲気が伝わってくるような曲になっていますね。〈はじまりの鐘がほら/透き通るように響いていた〉という部分は、まさに「透明声彩」を振り返っている部分のように感じました。

YuNi:そうですね。kzさんは、YUC’eさんと一緒に「透明声彩」のレコーディングに立ち会ってくださっていたので、「まさにあのときの続きを書いてくれたんだなぁ」と思いました。歌詞を最初にいただいたとき、「kzさんからはこんな風に見えているんだ」と思って、YuNi自身も感動してしまって。kzさんだからこその曲にしてくれたのが本当に嬉しかったです。

ーーこの曲の歌詞は、これまでのオリジナル曲とは随分雰囲気が違いますね?

YuNi:そうなんです。「透明声彩」の歌詞は自分だけの世界のことを歌っていましたけど、それからYuNi自身も色んなことを経験して、この曲では視野が少し広がっているというか。本当に「みんなあってのYuNiだよ」という、今までの変化を曲にしてくださいました。もともと、オリジナル曲を作りはじめる前はずっとひとりでカバー曲を上げてきたので、そこからどんどん色んな方と一緒に制作ができたり、色んなメディアに出させていただくようになったりしているのは、本当に周りの色んな方々あってこそだと思っていて。何かを作る際にも、「誰かの協力を得られる」こと自体が、本当にありがたいことだと思っているんです。

ーーYuNiさんはミックスまで自分で担当して「歌ってみた」動画を上げていたんですよね。

YuNi:そうなんです。しかも、ミックスをするのも初めての経験だったので、最初はやり方を調べるところからスタートしました(笑)。当時のYuNiは、それが普通だと思っていたんですけど、正直、その頃ってめちゃくちゃ辛かったんですよ。でも、あの時期に色んな経験や人と出会えたから、今のYuNiがあるのかなって思っています。この曲では、歌詞に「君」という言葉がたくさん出てくるんですよね。初めて誰かの存在を歌いはじめた、「曲の登場人物が自分だけじゃなくなった曲」で、〈もっともっと遠く知らない場所まで/この声で君と明日を描きたい〉とか、〈小さかった言葉たちが/目の前を照らしたんだ/今は未来も見えるくらい〉という歌詞に感動しました。

ーー一方、ラスト曲でもある「ウタオウヨ、ウタオウヨ」はヒゲドライバーさんの楽曲で、これまでのオリジナル曲の中でもかなりアッパーな雰囲気のサビが印象的でした。

YuNi:この曲は、ライブをするときに「もっとみんなで一緒に歌える曲がほしいなぁ」と思って出来た曲でした。曲を作ってくださったヒゲさんはピコピコが大好きですし、YuNiもゲームが大好きでピコピコ音が好きなので、その雰囲気を曲にしてもらおうと思ったんです。実は最初は、ちょっと違うテーマの曲だったんですよ。でも、ヒゲさんとやりとりをしているうちに、「ヒゲさんに書いていただくのなら、ヒゲさんらしい曲をお願いするべきなのでは……?」と思うようになって。それなら……「ピコピコやないかいっ!」って思ったんです(笑)。

ーーなるほど(笑)。それでヒゲドライバーさんらしい曲調になったんですね。

YuNi:みんなでコール&レスポンスできるような、楽しい曲にしてもらいました! ライブでやるのが、今から本当に楽しみな曲のひとつです。サビ前の「せーの!」のところもみんなでやりたいし、〈ウタオウヨ、ウタオウヨ〉のところもみんなに歌ってもらいたいですね。

ーー一方、「歌ってみた」動画で披露していたカバー曲を新録した2枚目『CoLoR』の選曲は、どんな風に考えていったんですか? YuNiさんのカバー曲は数もかなりありますよね。

YuNi:一番は、「これまでたくさん聴いてくれた人気のある曲をまとめよう」ということでしたけど、ただ人気の曲を集めるだけじゃなくて、『CoLoR』というタイトルとも繋がるように、YuNiの色んな面が見せられる曲調を選びたいなぁと思っていました。あと、「ハロ/ハワユ」は、YuNiがバーチャルシンガーとして活動をはじめるきっかけになった曲でもあるので、チームYuNiの思い出の曲として入れています。今回全曲を改めて新録した理由は、もともとの「歌ってみた」では自分でミックスしていたものをプロの方に録っていただきたかったというのもありますけど、そもそも今回の『clear / CoLoR』は今のYuNiを見せるアルバムなので、カバー曲も「今のYuNiのもの」として新録したいと思ったからです。

ーーでは、その2枚が合わさった『clear / CoLoR』というタイトルはどんな風に考えたんですか? 『clear』がすべて小文字で、『CoLoR』は大文字と小文字が混ざっています。

YuNi:『clear』の方は、何色にも染まっていない自分自身という意味ですね。YuNi自身は最初は全然気づいていなかったんですけど、曲を作ってくれる方や聴いてくださる方が、「YuNiちゃんの歌声には透明感がある」と言ってくれて、「それが自分の個性なんだ」って気づいたこともあって、このタイトルにしました。一方で『CoLoR』は、色んな種類の曲が集まっているので、タイトルを『CoLoR』にして、そのカラフルな雰囲気が伝わるように、YuNiの表記と同じように大文字と小文字を混ぜてみました(笑)。「曲ごとに色んな色があるよ!」というバラエティ感を出したいと思っていたんです。その2つが合わさって、『clear / CoLoR』というタイトルになりました。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる