>  > 水瀬いのり、作詞への挑戦と歌にかける思い

3rdアルバム『Catch the Rainbow!』インタビュー

水瀬いのりが語る、作詞への挑戦と歌にかける思い「色褪せない気持ちを込められた」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 声優・水瀬いのりが、4月10日に3rdアルバム『Catch the Rainbow!』をリリース。2ndアルバムから約10カ月半という短いスパンでのリリースにもかかわらず、多彩なジャンルの新曲を10曲も収録した充実の1枚となっている。そのリード曲が、水瀬が初めて歌詞を手がけたタイトルチューン「Catch the Rainbow!」。ステージに立てている幸せやファンへの感謝の気持ちを詰め込んだ、ハッピーなアッパーチューンに仕上がっている。今回はこの楽曲をはじめとするアルバム新曲や、リリース後に開催するツアーへの想いについて、水瀬に語ってもらった。(須永兼次)

歌詞に今の気持ちをすべて出しきった

ーー今作も非常にボリュームたっぷりの1枚になっていますが、アルバム間のリリースペースは前回よりも短いんですよね。

水瀬いのり(以下、水瀬):そうですね。リリースのペースが速いなというのは個人的にも思ってはいるんですけど、アルバムに関しては“急いで”というよりも明確にやりたいことを持ちながら作れているなと思っていまして。個人的には「楽曲を作っていかなきゃ!」という使命感的なものよりは、「どんなものをみんなに聴いてもらおうかな?」って、わくわくしながら制作していました。ただ、今回は2ndアルバム以降のシングルはわずか2枚ということもあって、その表題曲以外はすべて新曲になっているので、そういうところも含めてすごく挑戦的ではあったなとも思っています。

ーーそのなかで今回は、何かテーマを設定されて制作されたんでしょうか?

水瀬:実は今回は、制作している間にはテーマを決めていなかったんです。ただ全曲並べてみると、どの曲にも夢を追っている描写があったり、なりたい自分がいたり、希望を歌っていたりと偶然にもテーマ性が重なっていたんです。

ーーでは、まず初めて歌詞を手がけたリード曲「Catch the Rainbow!」のお話からうかがいたいのですが。

水瀬:この曲を収録すると決めたときはまだ作詞をすると決まっていなくて、シンプルに「すごく元気が出る曲だなぁ」と思ってコンペで選ばせていただいたあとに、作詞の提案をしていただいたんです。実は前々から作詞については提案いただいてはいたんですけど、そのたびに「いや、まぁ、難しいですよね……?」って濁していまして(笑)。ですが、3rdアルバムのフックのひとつとして“初めて作詞をした”ということが何か意味を持つんじゃないかと思って、挑戦させていただくことにしました。

ーー初挑戦ということで、苦労もいろいろと?

水瀬:ありました。私は楽器も弾けないですし譜面も読めないので、シンセメロと呼ばれる音でメロディだけが並んでいるのを聴いても、そこに言葉をいくつ入れられるのかがわからないんです。しかも、書きたいことはたくさんあるんですけど、ファンの皆さんへの「ありがとう」とか「大好き」とか「もっと一緒に歌いたい」みたいな気持ちを、ほかの言葉で表せなくて。1番を書いた時点でラストサビぐらいの熱量になってしまっていましたし、2番以降がただの繰り返しみたいになってしまいそうだったんです。

ーーそれは、どう解決したんですか?

水瀬:1番と2番を比べていただくと、〈この胸が〉が〈その胸が〉になっていたり〈ふわり 芽吹くのは〉が〈きらり 咲いたのは〉になっていたりと、似たフレーズが並んでいるのがわかると思うんですけど、それが自分の中で見つけた策だったんです。それでも自分のボキャブラリーの部分も含めて、すごく難しくて。作詞家の方って本当にすごいんだなぁと思いました。

ーーただ、単に置き換えただけではなくて、そこに乗せたメッセージにも少し変化があるように思うのですが。

水瀬:はい。1番をみんなに向けた歌詞にして、2番は自分に向けた歌詞にしようかな……と思って書いていったんです。そしてラスサビでは1サビの熱量に、2番で描いた自分の覚悟やこの歌を作るまでの気持ち、この歌をうたっている気持ちを融合させて言葉にしたんです。なので言葉としてはとてもストレートで、あまり“作詞心”みたいなものはないと思うんですけど(笑)、何年後になっても色褪せないような気持ちをまっすぐに込められたとは思っています。

ーー書き上がったときには、その分達成感も?

水瀬:そうですね。「もう5年ぐらい作詞はいいかなぁ」って思いました……冗談ですけど(笑)。でもそう思うぐらい、歌詞に今の気持ちをすべて出しきった曲になっています。

ーー作家さんが歌詞を書かれた曲とこの曲とで、歌う際に何か違いを感じた部分はありましたか?

水瀬:普段は作詞や作曲をされている方のこだわりももちろんあるので、「ここはこういうニュアンスで歌っていただきたいです」といった皆さんからの意見も取り入れながらレコーディングしているんですけど、今回は自分で歌詞を書いた曲なので、歌へのアプローチやニュアンスもすべてが自分任せだったんです。それはある意味すごくさらけ出す感じなので恥ずかしさもあったんですけど、「ここはすごく気持ちを込めて歌いたいな」というところを自分のさじ加減で歌えたのは、すごく新鮮で……自分が歌ったものがすべて正解になるというのは、不思議な感覚でした。

ーーそのなかで、特にこだわったのは?

水瀬:とにかく楽しく歌う、ということですかね。CDに収録される曲ではあるんですけども、本当にライブ会場で歌っているような気持ちでレコーディングをやらせていただきました。

ーーそしてこの曲は、MVも撮影されました。

水瀬:「Rainbow」には“夢”という意味もあって、曲のタイトル自体“夢を掴む”という意味合いになっていますし、曲自体も応援歌というところもあって、夢を追っているみんなを全力で応援するようなMVになっています。それに常にみんながニコニコ笑って楽しそうにしているMVなので、ハッピーオーラ全開で、本当に「この先、夢を叶えるぞ!」という気持ちになる、今を生きてるっていうMVになっていると思うんです。春リリースということもあって、新しいことを始めるみんなの希望や勇気に変わるような、快活であり壮大なMVができたかなと思います。

ーードローンを使っての、ダイナミックなカットもありましたね。

水瀬:そうなんです。ドローンを使ったのも初めてだったんですけど、最後のシーンも本当に壮大なフィナーレというか、そのあともみんなのワイワイとした声が聴こえてくるような引きになっていまして。ぜひこれはライブの演出でも似たようなことをやりたいなと思っていますし、そのときはファンの皆さんにMVのときに支えてくれたたくさんの方々に代わる存在になっていただけたら、と思っています。

水瀬いのり「Catch the Rainbow!」MUSIC VIDEO

      

「水瀬いのりが語る、作詞への挑戦と歌にかける思い「色褪せない気持ちを込められた」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版