VIVA LA ROCK、全日程タイムテーブル公開 浦和レッズ、Fender、所沢ビールとのコラボも

 5月3~6日の4日間、さいたまスーパーアリーナにて開催される音楽フェス『VIVA LA ROCK 2019』の全日程のタイムテーブルが公開された。

 あわせて、同フェス公式アプリもリニューアル。タイムテーブルの作成、各アーティストのプレイリスト試聴、各種通知機能を備え、開催当日はエリアマップと連動した混雑状況の確認やFlash Reportなども随時アップデート予定だ。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 また、様々な団体や企業とのコラボレーションも決定。Jリーグのクラブチーム浦和レッズと『VIVA LA ROCK』のコラボ企画第2弾として、『VIVA LA ROCK』オフィシャルグッズからREDS ROCK!特製マフラータオル&Tシャツを販売。楽器メーカー・Fenderと『VIVA LA ROCK』がコラボレーションし、さいたまスーパーアリーナ内で楽器の試奏ができたり、アーティストによるトークショーを開催するブースの設置も行われる。さらには、埼玉県所沢市のブリュワリー・所沢ビールとコラボレーションしてビバラオリジナルビールの販売が決定。ビールの種類は「IPA」となる。

 なお、オフィシャルサイトでは初めてさいたまスーパーアリーナをスタジアムモードで大きく使用するエリアマップ、『ALL NIGHT VIVA!』のシステムや「Room Saitama」についての追加情報も公開されている。

メッセージ

お待たせしました、今年のビバラのタイムテーブルを発表します。

みんなが一番実感されていることだと思いますが、このタイムテーブルの中から参加してくれる自分と音楽の特別な時間が生まれます。例えばマラソンでいうところの「ペースメーカー」のようなものが、このタイムテーブルだと思うのです。ペースメーカーが上手く導かないと記録もいいバトルも生まれないのと同じで、このタイムテーブルという基準がみんなの沢山のイメージやアイディアを包み込めるものでないとフェスを楽しく過ごしてもらうことが出来ません。今年もそんなプレッシャーを感じながらタイムテーブルを作りました。

今年も感想、お待ちしています!!

VIVA LA ROCKには飲食エリア、ビアガーデン、キッズランド、ワークショップ、企画ブース、トークステージなど様々な試みがあるので、現実的にその日のすべてのライヴアクトを見ることができないかもしれません。だからこのタイムテーブルを基に、あなたの時間、音楽、新しい出会いをイメージし、それぞれの最高のタイムテーブルを自分で作り上げてください。6度目のビバラはみんなのポジティヴな音楽体験を楽しみにしています。

今年はこのフェスが始まって以来の大きな変化があります。今までさいたまスーパーアリーナ内を2分割し、それぞれ「STAR STAGE」「VIVA! STAGE」と名付けて使用していたアリーナ部分が一つになります。2つの大きなステージの間にあった壁を無くすことによって、今までの「アリーナモード」から「スタジアムモード」、つまりさらに大きくさいたまスーパーアリーナを使用するフェスになり、行き来が大きく変わります。大きなエリアの中にステージが2つ存在することになるので、それぞれのライヴの間に15分間の転換時間が生まれます。「ビバラのライヴハウス」と言われるCAVE STAGEへの導線も動き易くなりました。スタジアム内に大きなCAVE STAGEというイルミネーションゲートがありますので、そこから何度も何度も移動してください。このステージは発見と出会いを願って作った可能性に満ちた場所です。新しいロック、アーティストとの出会いも沢山あると思いますので、その音楽、アーティストやバンドとの新しいストーリーを作るきっかけにしてください。

スタジアムモードにした理由はひとえに「さらに快適にライヴを楽しんで欲しい」という願いを形にしたかったからです。このフェスの最大のマイナス要素は「STAR STAGEとVIVA! STAGEの間の導線」にあったことは自覚しています。その問題と4年間ほど闘い続けて来ましたが、ここまでやらないと駄目なんだという結論に近い想いを、今回のスタジアムモード化には込めています。その結果広大なアリーナエリアを作り、そのエリアとスタンド席エリアの行き来も今までのように細かいルール決めをするのではなく、なるべく沢山のスタンドとアリーナをダイレクトに繋げ、自由に動いてもらうことにしました。だからこそ、スタンド席への荷物置きは絶対におやめください。頭を下げて強くお願いさせて頂きます。今回から、席取りだと判断した荷物は即刻、椅子の下にスタッフが置かせてもらい、席を開けるようにします。できるだけ大切な荷物に触れたくはありません。どうか、ご協力、そしてご理解をよろしくお願い申し上げます。

今まで以上に、今年は多くのコラボレートに恵まれました。

ギター、ベース、アンプのメーカーとしてあまりにも有名な「Fender」とコラボレートをします。ロックと埼玉にこだわり抜いたフェスとして、現場で楽器に触れる機会を常々作りたいと思っていましたが、それがFenderのおかげで遂に実現します。館内のコンコースにエリアを作り、複数のギター、ベース、アンプを設置し、アドバイサースタッフも常駐しながら、あなたと楽器の幸福な出会いをサポートします。是非、体験してください。楽器に触れたことがない人ほど、このコラボレートにとっては大事な仲間です。恥ずかしがらずにどうぞお越しを。

ビバラはサッカーとお酒が大好きな仲間同士で始めたフェスです。そのサッカーからは「浦和レッズ」、そしてお酒は「所沢ビール」とのコラボレートも実現しました!

レッズとは4月20日のヴィッセル神戸戦でビバラシートを作ります。そしてフェス本体ではレッズとのがっつりしたコラボグッズを発売します。GARDEN STAGEの特設フットサルコートや隣接したブースでも活躍してもらいます。

所沢ビールとは一緒にオリジナルのビールを作り、それをお出しします。クラフトビールとして拘り抜いて製造している所沢ビールとどんなビールが春の音楽フェスと合うのか? を話し合い、僕らのイメージも汲んでくれたビールを作って頂き、販売するのです。

そのビールの醸造や発酵にも立ち会わさせてもらい、ほんの少しだけ一緒に作らせて頂きました。とてもストイックかつ厳かな時間でしたが、今はみんなにお出しするビールは、工場の中で出演される音楽をずっと聴きながら熟成され美味しい化学反応を遂げていると聞いています。是非お呑みください。

埼玉とのコラボレートはこれに終わりません。まだまだ大胆な試みがありますので、それも楽しみにしていてください。

一昨年は県内の障害者アーティストの芸術活動を支援し、昨年はそれに加えて県内の自殺防止活動を知ってもらう機会をブース展開の中で作る「YOU’LL NEVER LIVE ALONEプロジェクト」を、今年も行います。障害者アーティストの方々には去年のビバラの一部を体験してもらい、そこからインスパイアされた心を打つ素晴らしい絵画などもたくさん見せてもらいました。今年のVIVA LA GARDENでは、僕らがそこからインスパイアされたデザイン演出などを施したいと思っています。

開催まであと1ヶ月と少し。

10連休すべて、毎日けやきひろばにてオープンする「VIVA LA GARDEN」に至ってはオープンまで1ヶ月を切りました。まだまだ「All Night Viva!」、5月2日に開催する「ビバラポップ!」、10連休すべてでオープンする「GARDEN STAGE」の内容、「VIVA LA J-ROCK ANTHEMS」のゲストヴォーカルの発表などがあります。勿論、「マキシマム ザ ホルモン2号店」のメンバーと、オーディション「ティーネイジサイタマ2019」のグランプリアーティストも決まっていません。まだまだ開催まで毎日ゴロゴロ転がり続け、最高に磨かれたVIVA LA ROCK2019として、みんなをお迎えしようと思います。

心よりみんなを待ってます。

鹿野 淳(VIVA LA ROCKプロデューサー)

■公演概要
『VIVA LA ROCK 2019』
5月3日(金・祝)、4日(土・祝)、5日(日・祝)、6日(月・休)
さいたまスーパーアリーナ
開場8:30/開演9:40/本編終演予定20:30

<出演>
5月3日(金・祝))
ACIDMAN /THE ORAL CIGARETTES/KEYTALK/go!go!vanillas(NEW)/Saucy Dog(NEW)/崎山蒼志/SUPER BEAVER/DJライブキッズあるある中の人/Tempalay(NEW)/Nulbarich/ニトロデイ/ネクライトーキー/BURNOUT SYNDROMES/BIGMAMA/藤井 風/BRADIO/BLUE ENCOUNT/フレデリック/Base Ball Bear/PELICAN FANCLUB(NEW)/Bentham/ヤバイTシャツ屋さん/ユアネス/LAMP IN TERREN(五十音順)

5月4日(土・祝)
青木慶則(NEW)/赤い公園/ASIAN KUNG-FU GENERATION/OGRE YOU ASSHOLE/Awesome City Club/Official髭男dism/King Gnu/Creepy Nuts/ゲスの極み乙女。/Ghost like girlfriend/Suchmos(NEW)/SKY-HI/スガ シカオ/竹原ピストル/田島貴男(ORIGINAL LOVE)(NEW)/THE CHARM PARK/CHAI/DJピエール中野/TENDRE/TENDOUJI/never young beach/PUNPEE(NEW)/VIVA LA J-ROCK ANTHEMS【Ba:亀田誠治/Gt:加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)/Gt:津野米咲(赤い公園)/Dr:ピエール中野(凛として時雨)】/FIVE NEW OLD/YAJICO GIRL(五十音順)

5月5日(日・祝)
愛笑む(NEW)/秋山黄色/UVERworld/大森靖子/折坂悠太(合奏)/KANA-BOON/クリープハイプ/SHISHAMO/神聖かまってちゃん/ズーカラデル/w.o.d./DJダイノジ/teto/the telephones/Nothing’s Carved In Stone(NEW)/NICO Touches the Walls(NEW)/パノラマパナマタウン(NEW)/ハルカミライ/Hump Back/マカロニえんぴつ/マキシマム ザ ホルモン2号店 ※フランチャイズ店メンバー(NEW)/眉村ちあき/UNISON SQUARE GARDEN/yonige(五十音順)

5月6日(月・休)
打首獄門同好会/ENTH(NEW)/オメでたい頭でなにより/キュウソネコカミ/Getting Better:片平実/G-FREAK FACTORY(NEW)/SiM/SHADOWS/四星球/SCOOBIE DO/10-FEET/東京スカパラダイスオーケストラ/TOTALFAT/Track’s/Halo at 四畳半(NEW)/04 Limited Sazabys/FOMARE/HEY-SMITH/The BONEZ/眩暈SIREN(NEW)/ヤングオオハラ/LUNKHEAD/リーガルリリー/ROTTENGRAFFTY(五十音順)

<チケット>
4日券(5/3・4・5・6)¥31,000(税込)
2日券(5/3・4、4・5、5・6)¥18,000(税込)
1日券:¥10,000(税込)

イープラス(紙チケ/スマチケ)
ローソンチケット(紙チケ)(Lコード:77077)
チケットぴあ(紙チケ)(Pコード4日券:780-292、2日券(5/3-4):780-286 (5/4-5):780-290、(5/5-6):780-291、1日券:133-178)

<オフィシャルグッズ通販>
イープラス
Yahoo!ショッピングサイト

オフィシャルサイト
Twitter(@vivarockjp)
Instagram(vivalarock)
Facebook

『ALL NIGHT VIVA!』
5月3日(金・祝)・4日(土・祝)・5日(日・祝)各日22:00〜7:00
各日22:00〜
※20歳未満は参加不可。入場の際、IDチェックあり。顔写真付き身分証を持参。

<チケット>
¥3,000(税込)
イープラスにて販売中

『Room Saitama』
5月3日(金・祝)・4日(土・祝)・5日(日・祝)・6日(月・休)

<入場料>
¥1,000
※「埼玉超先行割引チケット」は無料。小学生以下は保護者同伴のもと、1保護者につき1名入場可能。

『VIVA LA GARDEN 2019』
4月27日(土)〜5月6日(月・休)
会場:けやきひろば(屋外)
JR京浜東北線、高崎線、宇都宮線 →さいたま新都心駅から徒歩3分
JR埼京線→北与野駅から徒歩7分

・入場フリー(雨天決行・荒天中止)

オフィシャルサイト

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!