>  >  > 倉木麻衣、デビュー20周年記念ドラマに感動

倉木麻衣、デビュー20周年記念ドラマに感動 「音楽の楽しみの幅がこういう形で配信できるんだ」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映像配信サービス「dTV®」で3月8日より配信されている『FHIT MUSIC♪ 〜倉木麻衣〜』配信記念イベントが、本日3月14日に東京ソラマチ スペース634で開催され、倉木麻衣、川島海荷、フェアリーズの井上理香子、兵頭功海、First placeのTAIHEIが登壇した。

 『FHIT MUSIC♪ 〜倉木麻衣〜』は倉木麻衣のデビュー20周年を記念した番組で、アーティスト本人がフルサイズで歌唱する映像とその楽曲の歌詞や世界観を基に書き下ろされたドラマの映像がクロス。倉木麻衣の楽曲の中から「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」「薔薇色の人生」「渡月橋 〜君 想ふ〜」「Secret of my heart」「Love, Day After Tomorrow」の5曲をドラマ化している。

(左から)倉木麻衣、川島海荷、フェアリーズ・井上理香子

 『FHIT MUSIC♪ 〜倉木麻衣〜』という作品について倉木は「大切にしてきた楽曲をドラマ化していただくというお話をうかがい、とても嬉しかったです。歌詞の世界観をドラマにしていくってすごいことなんだなと思いましたし、音楽の楽しみの幅がこういう形で配信できるんだと感動しました」と喜びを表す。完成したドラマを観た感想については「『続編は』っていうくらいですね。胸がキュンキュンしながら私も恋愛をしたいなという気持ちになりました」と続編を熱望。

 物語の展開を視聴者が選ぶ”ストーリー選択型ドラマ”という点には「選択する時にどのキャラクターに気持ちを思いながら選択していけばいいんだろうか考えながら、何回も観させていただいたんですけども、こうしてステージでキャストのみなさんと会って『本物だ!』って感じで」と画面越しに観ていたキャスト陣に初めて会えた嬉しさを爆発させていた。

(左から)倉木麻衣、川島海荷、フェアリーズ・井上理香子、兵頭功海、First place・TAIHEI

 イベント後半では、ストーリー選択型ドラマにちなみ、キャスト陣が恋愛にまつわる質問にA、Bの2択で回答していった。「親友に自分の彼氏または彼女を『ちょうだい』と言われたら」という質問には、Aの「絶対拒否」を川島、兵頭、TAIHEI、Bの「ちょっと考えてしまう」を倉木、井上が選択した。パネルをクルクル回転させながらAとBで最後まで悩んでいた倉木は「親友との関係がどうなっちゃうんだろうということですよね、今まで仲良くしていて。今も(パネルを)クルクルしてますけど……」となかなか決断できない様子だった。

 トークセッションの締めにコメントを求められ倉木は「16歳でデビューしたんですけど20年経って、歌い手としてこういう日が来るなんて、宝物のような作品が生まれてパワーをいただきました。みなさんと楽しさを共有できて、笑顔に繋がる素晴らしさを発信することができて幸せに思いますし、またぜひ続編をお願いします(笑)」と最後まで続編を切望し会場を和ませていた。

 倉木のミニライブでは、キャスト陣が見守る中、革新的な恋愛の歌「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」、「2019年が前向きに薔薇色の自分だけの世界観、人生を繋いでいこう」というメッセージが込められた「薔薇色の人生」の2曲を披露した。

Arrow
Arrow
 
ArrowArrow
Slider

(取材・文=渡辺彰浩)

■配信情報
『FHIT MUSIC♪ 〜倉木麻衣〜』
dTVにて、3月8日(金)0:00より配信
主題歌:倉木麻衣 「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」「薔薇色の人生」「渡月橋 〜君 想ふ〜」「Secret of my heart」「Love, Day After Tomorrow」
出演:倉木麻衣、川島海荷、桜田通、井上理香子(フェアリーズ)、兵頭功海、TAIHEI(First place)
脚本:北川亜矢子
監督:向井智洋
製作・著作:エイベックス通信放送
(c)エイベックス通信放送
『FHIT MUSIC♪ ~倉木麻衣~』番組サイト

「倉木麻衣、デビュー20周年記念ドラマに感動 「音楽の楽しみの幅がこういう形で配信できるんだ」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版