King & Princeは“王子様”のまま“王”になる 「君を待ってる」を軸に1年の成長を振り返る

 King & Princeが、今夜の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演し、4月3日に発売される最新曲「君を待ってる」を披露する。1stシングル『シンデレラガール』、2ndシングル『Memorial』と、グループ名を象徴するような王子様感あふれるキラキラソングが続いてきたKing & Prince。そんな彼らにとって「君を待ってる」は、グループ初のエールソングとなる。

 今、King & Princeがエールソングを歌うということ。それは見方によって、様々な意味を持つかもしれない。パニック障害を告白し、現在療養中の岩橋玄樹を想う人にとっては真っ先に、その復帰を“待ってる”に繋がることだろう。また、新しい自分になろうと、もがく人にとっては、努力の先に微笑む未来の自分が“待ってる”はずだと、背中を押されたような気持ちになるかもしれない。あるいは、10年前に思い描いていた自分になれているのかと、ハッとさせられる大人もいるのではないだろうか。

 もしかしたらKing & Princeにとっては、そのどれにも当てはまるのかもしれない。岩橋が笑って戻ってくる日を待ち望んでいるのは、他ならぬ彼ら自身だ。そして、岩橋と共に最高のパフォーマンスを披露する日を夢見て、自分たちがもっと大きくならなければと、もがきながら走り続けているはず。彼らがデビューしたのは昨年だが、ジャニーズ事務所に入ったのは最年長の岸優太で約10年前、メンバーの中で最もジャニーズJr.期間が短かった高橋海人でも約5年前。“かつて夢見た自分になれているか”と問いかけるには、充分な時間と経験値だろう。CDデビューという大きな山に登ったからといって、それで終わりではない。10年後のKing & Princeに期待する、すべての人が彼らの成長を“待ってる”とも言えそうだ。

 デビューから約1年。King & Princeの魅力は、少し変化してきた。キラキラの愛され王子様という顔だけではなく、その奥にいつか王となる気概がある。その片鱗を示し始めているように感じるのだ。雑誌『WiNK UP』(2019年4月号)では、単独で表紙を飾った高橋が「今の自分に足りないものは?」という問いに対して「余裕がない」と答え、さらに「King & Princeに足りないもの」に「経験」とも。ふわふわとした笑顔で、みんなの弟キャラだった高橋が、いつの間にかこんなにも俯瞰で物事を見ているというギャップ。『逃走中』(フジテレビ系)では、身体能力の高さと同時に肉体的なたくましさを感じ、『坂上どうぶつ王国』(フジテレビ系)では、ロケ先で足元が不安定な女性出演者をさり気なくサポートするジェントルマンな仕草も。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる