ソン・シギョン、SE7EN、DEAN、パク・ボゴム……人気と実力誇るK-POPソロシンガーの奥深さ

 少女時代やKARAにはじまり、現在のBTSやTWICE、IZ*ONEに至るまで、K-POPといえばアイドルグループを自然に思い浮かべる人がほとんど。しかし、韓国にはアイドルに負けない人気と実力を誇るソロシンガーが少なくない。今回は、そういったK-POPのイメージとはまた違った面白さのある韓国男性ソロシンガーをご紹介したい。

甘くてあたたかい歌声でバラードの世界に酔いしれる

 韓国のソロシンガーといえばやはりバラード。甘くてやわらかい、あたたかみのある声で歌われる切ないラブソングは、女性のみならず男性までもが虜になるほど。韓国で有名なバラード歌手といえば映画『猟奇的な彼女』の挿入歌「I Believe」を歌った“バラードの皇帝”シン・スンフン、ドラマ『天国の階段』の挿入歌「ポゴシプタ~逢いたい」で大人気になったキム・ボムス、元祖“バラードの皇太子”チョ・ソンモなど、日本でも人気のシンガーが多数いる。

 中でも2017年に日本デビューしたソン・シギョンはSuper Juniorのキュヒョンと親交が深いこともあって、日本デビュー以前より知っていた人も多いのでは。186cmの高身長とやわらかいスマイル、高麗大学出身のインテリと、歌の実力以外にも非の打ち所がない彼だが、たまに飛び出す切れ味の鋭い毒舌も、彼の持ち味。そのギャップが癖になるというファンも多い。日本デビュー前から日本語の勉強にも熱心に取り組み、デビュー時にはすでに1人でラジオ番組のトークができるまでに。もちろん、日本語での歌唱もバッチリ。歌詞を大事にしたい人にとって、ソン・シギョンの日本語のバラードはとても心にしみるはずだ。

ソン・シギョン「君がいるよ」 TEASER MOVIE

1人で観客を魅了するパフォーマンス力を兼ね備えたシンガー

 メンバーの人数が10人を越えるグループも少なくないK-POP界だが、かつては1人で歌って踊るシンガーも多かった。2002年に韓国でデビューしたRain、2003年にデビューしたSE7ENは数多の芸能人を輩出してきたことで知られている安養芸術高等学校の先輩・後輩の仲でもあったが、芸能界デビューも1年差。また同じようにダンスが得意なソロシンガーという立ち位置でもあり、おたがい切磋琢磨して当時の韓国歌謡界を盛り上げた。Rainはデビュー当時からドラマにも多数出演しており、ドラマ『サンドゥ、学校へ行こう』(2003年)や『フルハウス』(2004年)などで人気が爆発。最近では映画『自転車王オム・ボクドン』の主演を務め、もはやシンガーというより俳優として認識している人のほうが多いかもしれない。一方のSE7ENも、2007年のドラマ『宮S -Secret Prince-』で俳優デビュー。最近ではミュージカルなどにも出演し、幅広い活躍を見せている。

[MV] RAIN(비) _ The Best Present(최고의 선물) (Prod. By PSY)
[SE7EN(세븐)- ‘GIVE IT TO ME’ M/V]

 1人でハードなダンス曲を歌い、踊るためには、歌もダンスもどちらも完璧で、さらに息切れしない体力がいる。その上、大きいステージを埋めるには、実力だけではないオーラも必要。この2人はたった1人でアリーナクラスの会場を沸かせた、まさにトップクラスのシンガーと言える。この2人に続くような存在として、昨年日本デビューを果たしたばかりの17歳のソロシンガー・Samuelや、先日解散したWanna Oneからソロとしてデビューするであろうメンバーの今後に期待したい。

Samuel 「ONE (Feat. ILHOON of BTOB) -Japanese Ver.-」

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!