>  >  > 嵐 松本潤、中村七之助と高校の思い出語る

嵐 松本潤、デビュー果たした高校時代の思い出語る 中村七之助「心の中では絶対売れないなと」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月23日の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、「高橋英樹&真麻 記念館」「MJ倶楽部 中村七之助」「隠れ家ARASHI『二宮和也×霜降り明星』」が放送された。

 「MJ倶楽部」には、歌舞伎役者・中村七之助が登場。高校の同級生でクラスが一緒、毎日学校へ一緒に行っていたという松本と中村。「ある女子からは『付き合ってる』って言われてた」と中村は明かした。高校時代、松本が“キング”と呼ばれていたことを確認された中村は、「恐れ慄かれてはいた」と少し間を置いてから発言。「気さくなタイプではないでしょ? どういう人間かというのを見るじゃない。そこに入れば優しいやつなんですけど、入らないやつっているでしょ。それには鬼のようですよ」と明かすと、松本も「テスト期間中は仕事終わって、波野(中村七之助)家に行き、一夜漬けで勉強して行くとか」と当時を振り返りスタッフから「テスト勉強とかしてたんですか!?」と笑われる一幕も。この話題に中村が「これ大丈夫なのかな?」と前置きしてから、「キングがスゴイんだよ。キングの力を持って、一般クラスの頭のいい友達を呼ぶの一人。そいつに教えてもらう」とコメントした。

 焚き火でラムクラウン作りに挑戦する2人。遠火で1時間じっくり焼く間、話題は高校時代の思い出話に。中村は「嵐が始まる前から知ってるから、彼の努力だったり夢だったりいろんなことを。僕も女形になれるのか、立役になれるのかも分からない状況の中で、2人のいい意味での競い合いというか。だから、こんな風に共演できるとは思ってなかったよね」と感慨深そうに語る。続けて中村は、「嬉しいことを書いてくれてね。『俺がいなかったら絶対学校辞めてた』って。(松本は)あんま好きじゃなかったの学校」と明かすと、それに松本は「学校ってどうしたって1人の10歩よりみんなの1歩みたいなところあるじゃない。理不尽なことがすごい嫌いだからさ、俺。学校のルールとか、団体行動がすごく苦手」と真面目に話すところに中村がすかさず「それ理不尽じゃない。団体行動はしないと」とツッコミをいれた。

      

「嵐 松本潤、デビュー果たした高校時代の思い出語る 中村七之助「心の中では絶対売れないなと」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版