SWANKY DANKが語る、新体制とポップパンクの先頭を切る覚悟 「団結してシーンを作っていく」

SWANKY DANKが語る、新体制とポップパンクの先頭を切る覚悟 「団結してシーンを作っていく」

改めてポップパンクをやりたい(KOJI) 

ーーまたKOJIさんの作詞による「Tell Me」もアッパーなポップパンクチューンです。

KOJI:これは、俺がネタを持っていって、KO-TAにトラックを作ってもらって、メロディを乗せるという新しい作り方ができた曲ですね。

KO-TA:このスタイルはSWANKY OCEAN ACOUSTIX(SWANKY DANKのアコースティックプロジェクト)でも試したパターンなんです。俺がトラックを作ってKOJIがメロを考えるというのを、今回バンドでもやってみました。

KOJI:この曲、簡単そうなフレーズで聴きやすい曲なんですけど。演奏すると超難しくてびっくりした。この曲がいちばん難しくて。ちょっとこれヤバくない?っていう(笑)。

KO-TA:シンプルでキャッチーなトラックにしようと思ったんですけど、これまでのSWANKY DANKにはないビート感だったので、全員馴染むのに苦労したというか。

KOJI:そうそう。

ーーバンドのいいノリがある、バンド感のある曲だなという感触だったので、それは意外です。

KO-TA:そうですね、この曲は、ギターソロ以外はギターが2本だけで成立しているんです。ギターを重ねずに、バンドでできる2本だけで表現したくて。そういう隙間をあえて作ることで、歌がより抜けて聞こえたらいいなというのもあったので、音を重ねなかったのもこだわりですね。

KOJI:シンプルゆえに難しい部分でもあるよね。この曲は歌詞については、サビの初め〈Tell Me〉と歌っているんですけど、俺ら、メロディを作るときには適当な英語をつけるんですよ。でもここだけは、最初から出てきていたので、そこから作っていった歌詞でしたね(笑)。こういうふうに、そのまま歌詞ができあがっていくのも初だったかな。もう1曲、自分が書いた「REVERSAL」なんかは、歌詞がクソネガティブで。俺の黒い部分が出てできちゃったので(笑)。「Tell Me」は、前に向く曲のイメージではありましたね。

ーーそこは自分でもバランスを考えたんですね(笑)。

KOJI:はい。「REVERSAL」はやりすぎたなと(笑)。

ーー「REVERSAL」はタイアップ曲でもあり、作り方もまた違いますよね。

KOJI:そうですね、いい意味でも悪い意味でも縛りがある分、面白さはありますね。アニメを見て曲を作るというのが初めてだったんですけど、トライする楽しさがありましたね。「Amazing Dreams」もそうですけど。1曲を作るのに、5、6曲は作って出しているんですよね。1コーラス分の曲ををバーっと作って、先方に聞いてもらって、チョイスしてもらって、作り上げていくという。

ーー今作収録のタイアップ曲「Amazing Dreams」「Infinity」「REVERSAL」はとくに、SWANKY DANKサウンドでもドラマ性の高さやエモーショナルな面がよりフィーチャーされている印象です。

KO-TA:そうですね。

KOJI:陰と陽を、大切にしていて。明るい曲があれば暗い曲もあるという二面性を、SWANKY DANKとしては大切にしていますね。

KO-TA:ちなみに「Infinity」は、『ガンダムビルドダイバーズ』の第2クールのオープニングテーマをやらせてもらっているんですけど。『ガンダムビルドダイバーズ』のいろんな昔のガンダムが出てくるというところにリンクさせて、歌詞のなかに、自分たちのこれまでの楽曲のタイトルをちりばめています。

SWANKY DANK / Amazing Dreams【Official Video】

ーーそういう仕掛けや遊びも、タイアップという機会だからこそですね。メンバー脱退から短い期間で、自分たちが進んでいることを提示する、さらに今の3人ならではのものを作り出すっていうのは、プレッシャーもありそうですが、どうだったんでしょう。

KOJI:そうですね。でもわりと楽しくできたのかなっていうのは感じますね。今の自分たちがどういうものがやりたいのかっていうのを考えながら作ってみて、ポップパンクだったり、“バンド”らしい曲を作りたい、原点に立ち返ろうというテーマが見えてきて。後半のタイアップの曲が小難しいことばっかりしてるので(笑)、とくに前半の3曲「White Flag」「Brainwashed」「Tell Me」はよりシンプルに作っていきましたね。

ーー原点回帰ということで、過去に聴いた作品で聴き返したものはありましたか。

KOJI:俺はつねに自分たちの楽曲を聴いていますね。KO-TAなんかは昔のblink182の曲を聴いてみたりしてましたけど。今、自分たちが改めてポップパンクをやりたいっていう気持ちがあるので、そこに対して、俺も新しい海外のバンドを探してみたりとか、日本のバンドを探してみたりとか、いろいろしながら進んでいった感じですね。

ーー新たに注目しているバンドや、ポップパンクをやってる若いバンドは出てきていますか。

KOJI:国内は若手のバンドが結構出てきていると思いますね。よく渋谷GAMEっていうライブハウスに行くんですけど、結構ポップパンクのバンドがいるので、チェックするようにしています。

ーーポップパンク全体の状況についてはどう思います?

KOJI:いい状況ですよ。それこそラウドロックやギターロックのようなシーンはまだでき上がっていないと思っているので。シーンを作っていくような若手が出てきたりすると、俺らもケツを叩かれるし、負けてられねえって思うし。そういうのがいい相乗効果というか、嬉しいですよね。ポップパンクは、ELLEGARDENが出てきて、あそこで一旦勢いが止まっちゃったというか、なくなってしまっている気がしていて。エルレも復活したし、そういう流れでポップパンクの居場所がちゃんとでき上がるといいなと思いますね。

ーーそこは、SWANKY DANKがこうして作品をリリースすることもそうですけど、一歩前で旗を振る役目なのでは。

KOJI:そうですね。若手のポップパンクバンドでSee You Smileというバンドがいるんですけど。そういう奴らと絡みながら、ポップパンクのイベントをやりたいなというのはちょっと考えてます。団結してシーンをしっかり作っていくことが大切だなと思うんです。ラウドロックだったら、ラウドロックをやってるシーンの奴らがしっかりと集まっていろいろやるじゃないですか。でもポップパンクのバンドだけが集まっているイベントってそんなにないと思うんです。だから、俺らが先頭切って、俺らが主催でね(笑)。

ーーその意気ですよね。

KOJI:そうやってバンドを集めたり、ポップパンクが好きなお客さんをどんどん作っていく、そしたら勝手に、ポップパンクシーンができ上がっていくのが、いちばんだと思うんです。やっぱり、時間をかけないとシーンって作れないものなので。かといって、待っていてもダメだし。ガンガン攻めていかないとなと思いますね。

SWANKY DANK / WHITE FLAGS【Official Trailer】

(取材・文=吉羽さおり/写真=はぎひさこ)

■リリース情報
『WHITE FLAGS』
発売:2019年1月23日(水)
価格:¥2,160(税込)

<収録曲>
01 White Flag
02 Brainwashed
03 Tell Me
04 Amazing Dreams
05 Infinity
06 REVERSAL

■ツアー情報
『WHITE FLAGS TOUR2018~2019』
1月12日(土)福岡Queblick
1月14日(月)名古屋APOLLO BASE
1月23日(水)TSUTAYA O-WEST

オフィシャルサイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる