>  > やなぎなぎが語る、自身のキャリア

『やなぎなぎ ベストアルバム -LIBRARY-』『やなぎなぎ ベストアルバム -MUSEUM-』

やなぎなぎが語る、自身のキャリアと現在のモード「“音楽を作る理由”は昔からあまり変わってない」

関連タグ
やなぎなぎ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人のために何かを考えることが楽しい」

ーー2018年は『NBCUniversal ANIME×MUSIC FESTIVAL』という大規模なライブにも参加されて、2019年1月には『リスアニ!LIVE』で日本武道館のステージにも立つ予定ですし、ライブアーティストとしての自覚も生まれてきたのではないかと思うのですが。

やなぎ:どうなんでしょうね? 自分では緊張が少しはなくなったかなというぐらいなんですけど。いまだに「なんで人前で歌ってるんだろう?」って思う時もありますから(笑)。私はなるべく表に出ないように生きてきたのに。

ーー今回の初回限定版の特典で味わえるやなぎさんのライブの魅力を考えると、明らかに表に出た方がいいと思いますけど(笑)。

やなぎ:そう言っていただけるとありがたいんですけどね。ライブはやってしまうと楽しいんですけど、やるまでは億劫になることもあるんです。

ーーとはいえ、2019年3月からは今回のベスト盤を携えたツアー『やなぎなぎライブツアー2019 -LIBLARY-& -MUSEUM-』も行われるということで。今のところ台北や香港を含む全13公演が発表されてますね。

やなぎ:はい。今回は会場ごとに「バンドver」と「アコースティックver」の2パターンがあるので、座って観たい方はアコースティック、盛り上がりたい方はバンドのどっちに来ていただいてもいいですし、もちろん両方来てもらっても楽しんでいただけるようにしようと思ってまして。私はいろんなタイプの曲を歌ってきたので、聴く方もそれぞれの聴き方があると思うんですよ。もちろん自分が聴きたいように聴いてもらえるのが一番うれしいんですけど、どうぜなら割り切って「バンドver」と「アコースティックver」のどちらでも好きなほうを観られるようにしたほうが、来てくれる人も安心して観てもらえるのかなあと思って。周りが立ってると自分も立たなきゃと思ったりして気を遣っちゃうじゃないですか。そういう思いはあまりしてほしくないので。逆にこれを機会に普段は座りで観てる人が、スタンディングでバンドを観ていただければいいなとも思いますし、自分が普段観てない目線で観てもらえるライブにできたらと思っています。

ーーさて、待望のベスト盤リリースから始まる2019年、新たに挑戦したいことはありますか?

やなぎ:2019年に限らず、毎年ライブで行ける場所をちょっとずつ増やしていきたいんです。今度のツアーでは青森と静岡に初めて行くんですけど、いずれは47都道府県にどんな小編成や小さな会場でもいいので回りたいなあと思っていて。

ーーやっぱりライブをやりたいんじゃないですか。

やなぎ:う〜ん……ライブがやりたいというより、せっかくお客さんとの信頼ができてるのに、会えないのはもったいないと思うんですよね。だから応援してくれる人に会いに行きたいという感じです。そこにライブが付いてくるみたいな(笑)。

ーー優しいですね(笑)。ライブ以外でやりたいことは?

やなぎ:いろいろあるんですけど……自分の曲も作りたいですけど、最近は誰かのために曲を書く機会が増えてきてるんです。私は昔から誰かをプロデュースしてみたい気持ちがあって、自分で作ったけど自分の声では歌えない曲を誰かに歌ってもらいたいと思っていて。歌ってくれる人の声のイメージで曲を書いてると面白いですし、実際にレコーディングで歌ってもらったときにバチッとハマるとすごくうれしいんですよね。なのでもっといろんな人に曲を提供できたらと思います。

ーーそういえば声優の鈴木みのりさんの1stアルバム『見る前に飛べ!』に「astro traveler」という曲を提供されてましたね。

やなぎ:はい。来年にはこの子ちゃんという子に書いた曲(この子の1stアルバム『Inseparable』に収録予定)もリリースされますし、今は『色づく世界の明日から』のキャラソンを書かせていただいてて、石原(夏織)さんにも歌っていただく予定なんです。それとできれば男性ボーカルの方にも曲を書いてみたいんですよね。今まで男性の方に曲を書いたことはないので、どうなるのかなあと思って。

ーープロデューサーや作家的な側面をより前に出していきたいと。

やなぎ:新しい扉が開けると思うんですよ。人のために何かを考えることが楽しいし、うまくハマッた時の快感が忘れられなくて、病みつきになるんですよね。興味のある方がいたらお声がけください(笑)。

(取材・文=流星さとる)

■リリース情報
『やなぎなぎ ベストアルバム -LIBRARY-』
発売:2019年1月9日(水)
価格:初回限定盤(CD+特典BD)¥4,500+税
通常盤(CDのみ)¥3,000+税

<CD収録内容>
01.ユキトキ(TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」OPテーマ)
02.here and there(TVアニメ「キノの旅-the Beautiful World- the Animated Series」OPテーマ)
03.テトラゴン
04.時間は窓の向こう側(TVアニメ「時間の支配者」EDテーマ)
05.ラテラリティ(TVアニメ「ヨルムンガンド PERFECT ORDER」EDテーマ)
06.カザキリ(TVアニメ「ノルン+ノネット」OPテーマ)
07.間遠い未来(TVアニメ「覇穹 封神演義」EDテーマ)
08.無形のアウトライン(TVアニメ「覇穹 封神演義」新EDテーマ)
09.Esse(日本テレビ スペシャルドラマ「殺人偏差値70」挿入歌)
10.クロスロード(Z会アニメーションCM「クロスロード」テーマソング)
11.BiblioMonster *新曲
12.三つ葉の結びめ(TVアニメ「凪のあすから」新EDテーマ)
13.夜明けの光をあつめながら(日本テレビ「バズリズム02」2018年1月EDテーマ)
14.春擬き(TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」OPテーマ)
15.You can count on me

<特典BD 収録内容>※初回限定盤のみ
『from Live “やなぎなぎ ライブツアー2018「ナッテ」”』
01.snowglobe
02.時間は窓の向こう側
03.あなたはサキュレント
04.スーパーヒーロー
05.over and over
06.here and there
07.relaxin’ soup feat. DJみそしるとMCごはん
08.海を込めて
09.間遠い未来
10.behind
11.play of color
12.一切は物語
13.瞑目の彼方
14.無形のアウトライン
15.砂糖玉の月
16.目覚めの岸辺
17.夜明けの光をあつめながら
18.natte
19.春擬き
20.rooter’s song
21.メルト -10th ANNIVERSARY MIX-
22.ビードロ模様

『やなぎなぎ ベストアルバム -MUSEUM-』
発売:2019年1月9日(水)
価格:初回限定盤(CD+特典CD)¥3,800+税
通常盤(CDのみ)¥3,000+税

<CD収録内容>
01.over and over(TVアニメ「Just Because!」OPテーマ)
02.point at infinity(OVA「あの夏で待ってる 特別編」EDテーマ)
03.continue *新曲(PCブラウザゲーム『エンゲージプリンセス ~眠れる姫君と夢の魔法使い~』主題歌)
04.トコハナ(TVアニメ「ブラック・ブレット」EDテーマソング)
05.Zoetrope(TVアニメ「AMNESIA」OPテーマ)
06.Ambivalentidea(TVアニメ「ヨルムンガンド」EDテーマ)
07.瞑目の彼方(TVアニメ「ベルセルク」EDテーマ)
08.アクアテラリウム(TVアニメ「凪のあすから」EDテーマ)
09.mnemonic(TVアニメ「凪のあすから」挿入歌)
10.オラリオン(TVアニメ「終わりのセラフ」名古屋決戦編 EDテーマ)
11.Sweet Track(日本テレビ系 「スッキリ!!」2014年 12月テーマソング)
12.未明の君と薄明の魔法(TVアニメ「色づく世界の明日から」EDテーマ)
13.砂糖玉の月(TVアニメ「キノの旅-the Beautiful World- the Animated Series」EDテーマ)
14.ターミナル(日本テレビ系「バズリズム」2016年4月OPテーマ)
15.ビードロ模様(TVアニメ「あの夏で待ってる」EDテーマ)

<特典CD 収録内容>※初回限定盤のみ
『from Live “color palette ~2018 Black~”』
01.2つの月
02.ラテラリティ
03.トコハナ
04.オラリオン
05.カザキリ
06.サーカスナイト
07.エイリアンズ
08.月灯りふんわり落ちてくる夜
09.想像の君
10.mnemonic
11.砂糖玉の月
12.CorLeonis
13.夜天幕
14.link

■関連リンク
やなぎなぎ オフィシャルサイト

「やなぎなぎが語る、自身のキャリアと現在のモード「“音楽を作る理由”は昔からあまり変わってない」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版