『FNS歌謡祭』初出演の吉本坂46、坂道グループとの共通点 MVに見るパフォーマンスへの期待

 吉本坂46が本日12月12日放送の『2018FNS歌謡祭』(フジテレビ系)第2夜にて、テレビ初パフォーマンスを行う。

吉本坂46『泣かせてくれよ』

 吉本坂46とは、乃木坂46/欅坂46に続く第三の坂道シリーズとして、吉本興業の所属タレントで構成された秋元康プロデュースによるアイドルユニット。今年2月21日に、ヨシモト∞ホールで開かれた記者会見で秋元康から「吉本の芸人の皆さんにご協力をいただいて、吉本坂46を作りたいと思います」とプロジェクトの始動を発表(参考:乃木坂46、欅坂46に続く“坂道シリーズ”第3弾は「吉本坂46」 秋元康と吉本興業がタッグ)。吉本に所属する1,747名の応募の中から様々な審査をくぐり抜けた46人が合格した。

 芸人だけでなく、世界的なダンサーから、元NMB48まで、男女問わず吉本らしい様々なジャンルのタレントが選ばれるのが他の坂道系にはないグループのカラーと言える。グループ結成や活動の過程は吉本坂46の初冠番組『吉本坂46が売れるまでの全記録』(テレビ東京)で毎週オンエアされており、坂道系のメンバーと同様に、真剣にアイドル活動に励み、中にはもう一度チャンスを掴もうと奮闘するメンバーの姿に胸を打たれる瞬間もあった。

 そして、2018年12月26日にシングル『泣かせてくれよ』でソニー・ミュージックレコーズよりデビューが決定。すでに収録楽曲の音源やMVは解禁されており、表題曲「泣かせてくれよ」では、歌唱力に定評のある斎藤司(トレンディエンジェル)、過去に『吉本べっぴんランキング』で1位を獲得した経験のある小川暖奈(スパイク)がWセンターを担当。そのほか、フロントメンバーの遠藤章造(ココリコ)、河本準一(次長課長)をはじめ、村上ショージやおばたのお兄さん、ガンバレルーヤの二人など、大御所から若手までバラエティ豊かな17人が選抜メンバーとして選ばれている(『2018FNS歌謡祭』では休養中のよしこ(ガンバレルーヤ)に代わって光永が入る)。全46人の中でも知名度の高いベテラン芸人が中心となっているのが選抜の特徴だ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!