欅坂46&けやき坂46、新時代の幕開けを感じた『お見立て会』「欅坂46をアイドル界の頂点に!」

欅坂46&けやき坂46、お見立て会レポ

 司会のオテンキのりからひとりずつ話を聞いていく中で、特に盛り上がったのが、スペシャル動画でも話題となっていた松田の元銀行員という経歴。特技はお札を数える札勘と自己紹介すると、客席から「銀行員!」という掛け声をかけられる。松田は戸惑いながらも、「う、嬉しいです。大丈夫です」と明るい笑顔を見せていた。

 アイドルを目指したきっかけや今後やってみたいことなど、事前に行われたアンケートの回答を掘り下げていく「教えて十人十色のコーナー」で関は、「アイドルを目指したきっかけは渡辺梨加さんに憧れて。加入前に握手会に何回か行っていて、メンバーに入ってお会いしました」と、一ファンから加入することになったメンバーもいる。「先輩に挨拶した時に印象に残っているメンバーは?」という質問には“菅井友香”の名前を挙げるメンバーが多く、田村は「本当に温かい方で、すごい惹かれました」と告白。そのほか上村莉菜や加藤史帆の名前が上がると、会場は大きな盛り上がりを見せた。

 続いて握手会への参加者決定のミニゲームが行われた後、いよいよ初ライブパフォーマンス。「Overture」が流れ始めると客席では大合唱が起こり、そして欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」が新メンバー全員で披露される。センターは藤吉が務め、平手友梨奈のポジションを見事に全うし歌い上げた。笑顔が苦手と言っていた彼女はどこかクールな趣もあり、最後に「練習の時はめっちゃ真顔でやっていたけど、今日は凄い楽しくて、達成感を味わうことができました」とコメント。将来、ポスト平手となりうる2期生のエースとして期待される。2曲目はひらがなけやきの「誰よりも高く跳べ!」が上村センターで歌唱し、最後の3曲目は藤吉と上村のWセンターによる「W-KEYAKIZAKAの詩」が歌われた。このフォーメーションから、平手と長濱の再来を予感したファンもいただろう。

 そして最後には、メンバーから一言ずつ今日の感想を述べる一幕も。松田は「ここに立っているのはまだまだ私たちの実力ではなくて、先輩たちが作り上げてきたものだと思っています。これからたくさん努力するので、みなさんに推してもらえたら嬉しいです」と感極まりながら一生懸命言葉を振り絞り、山﨑は「お見立て会から日本武道館という凄い大きな舞台に立たせていただいて、みんな不安でしょうがなかったんですけど、先輩たちが頑張ってきたからこそ、私たちはこの武道館という所に立てていると思います。先輩たちにその恩を返せるように、努力していきたいと思います」と、再び最年少とは思えないしっかりした言葉を述べる。一番歳下がしっかり者という欅坂46の伝統が、ここにきても引き継がれていると思わせた。

 そして締めは、漢字2期生のキャプテン候補とも伺える松田のコメントでイベントは終了。ここから欅坂46とけやき坂46の新章が始まろうとする中、新メンバーたちはどのようにグループに影響を与えていくのだろうか。これから始まる長く険しいであろう坂道の第一歩を、今彼女たちは踏み出したのだ。

(取材・文=本 手)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる