>  >  > Kis-My-Ft2は互いの色を引き出し合う

Kis-My-Ft2は互いの色を引き出し合う 「君、僕。」から舞台で培われてきた表現力に迫る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Kis-My-Ft2が、今夜11月2日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演し、現在発売中の最新曲「君、僕。」を披露する。すでに他の音楽番組でも披露されている本作は、メンバー7人がミュージカル風に歌って踊るパフォーマンスが特徴的。流れるような動きでベンチに腰掛け、赤いバラをテーブルの花瓶にさり気なく飾るなど華麗な身のこなしが実に優雅。なかでも、大きな見どころとなっているのが、パラソルを持って細かなステップ通称“Kis-Tep(キッステップ)“を踏むシーンだ。

 avexの公式YouTubeでは、ダンスが得意な千賀がキッステップをレクチャーする動画が公開されている。まずはゆっくりと動きのお手本を見せてくれる千賀。何事も上手な人がやると簡単そうに見える。すぐにできそうな気分になるのだが、これが実際にやるとなると非常に難しい。しかし、やはりメンバーはプロ。事前に練習を重ねたとはいえ、スピードアップしても体幹が崩れることもなく、それどころかテンポが速くなるほど揃っていくようにも見える。

Kis-My-Ft2 / 「君、僕。」特典映像ダイジェストMOVIE 〜「キッステップ」レクチャー編〜

 また、「1サビのわちゃわちゃシーンは、毎回楽屋でメンバーとああしようこうしようと試しながら決めていますので、TV出演の際は、毎回楽しみにして頂けたら嬉しいです!」とavexのSTAFF BLOGで綴られているように、元気よく追いかけっこをしてみせたり、ギュッとくっついてみたりと、彼らの自然なやりとりが微笑ましいシーンも必見だ。

 テレビで見かけるKis-My-Ft2は、バラエティのイメージが強いかもしれない。だが、ジャニーズのルーツは舞台にある。Kis-My-Ft2はテレビのみならず、継続的に多くの舞台に出演してきた。その実力があればこその軽やかなステップ、そして遊び心溢れるアレンジなのだ。

 玉森裕太は、滝沢秀明、亀梨和也が主演を務めてきたジャニーズの伝統作『DREAM BOYS』の座長を2013年に受け継いだ。ライバル役に千賀健永、そしてふたりの親友役に宮田俊哉と、同じKis-My-Ft2のメンバーと共に作品に向き合うことで、よりリアルな葛藤や人間味を描こうと試行錯誤。年々ストーリーを修正しながら進化を遂げていった。今年は、舞台を盛り上げるジャニーズJr.たちの平均年齢が下がったこともあり、玉森はラジオ番組『キスマイRadio』(文化放送)で、公演後にJr.たちを呼んでより良くなるためのアドバイスも行なってきたことを語っている。教えるという行為は自らの経験の棚卸しでもある。今年も玉森にとって表現力が磨かれた舞台となったに違いない。

      

「Kis-My-Ft2は互いの色を引き出し合う 「君、僕。」から舞台で培われてきた表現力に迫る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版