>  > halcaが語る、新しい表現と挑戦

2ndシングル『スターティングブルー』インタビュー

halcaがアニメ『逆転裁判』EDで挑戦した新たな歌い方や表現「自由な楽しさが伝わったらいいな」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年5月にノイタミナアニメ『ヲタクに恋は難しい』(フジテレビ系)のエンディングテーマ『キミの隣』でデビューしたhalcaが、2ndシングル『スターティングブルー』を10月31日にリリースする。表題曲はテレビアニメ『逆転裁判~その「真実」、異議あり!~ Season 2』(読売テレビ・日本テレビ系)のエンディングテーマで、前作の優しい雰囲気はそのままに、エッジの効いた力強さを感じさせる歌声が秀逸。またリリースイベントやサイン会などを経験し、心境や姿勢にも変化があったとのこと。一歩一歩確実にステップアップしていることを感じるインタビューになった。(榑林史章)

ブルーは主人公の成歩堂くんのスーツの色のイメージ 

ーー「スターティングブルー」は、アニメ『逆転裁判~その「真実」、異議あり!~ Season 2』のエンディングテーマ。『逆転裁判』は、ご存じでしたか?

halca:はい。小学生の時に、友だちが『逆転裁判』のゲームをやっていて、その時は難しそうなゲームだなと思っていました。大きくなってから、法律や裁判に少し興味が沸いて、弁護士とか格好いいなと思って、憧れたりした時期もありました。

 今も裁判官や傍聴人の前で「異議あり!」と、ビシッと自分の意見を言う姿には、どこか憧れがあります。そんな中で、幼い頃から知っていた『逆転裁判』のエンディングテーマを歌わせていただけると聞いたときは、驚いたしすごくうれしかったです。

 アニメの『Season 1』も観ていたんですけど、そのときのオープニングテーマ「逆転Winner」をジャニーズWESTさんが歌っていて。歌詞に〈異議あり!〉というキメゼリフがあって、それがすごく格好いいと思っていたんです。だから、今回のお話をいただいたときに、「スターティングブルー」の歌詞にも〈異議あり!〉って、出てきたらいいなって少し妄想していました(笑)。

ーー好きなキャラクターはいますか?

halca:私はアニメを観ると、いつも主人公を好きになってしまうんです。今回もそうで、主人公の成歩堂(龍一)くんが好きです。頼れる存在だし、一生懸命で頑張り屋さんだからこそ、困ったときにみんなが助けてくれるんだと思います。私もそんな人になりたいです。そういう気持ちもあって、「スターティングブルー」のブルーは、私の中では完全に主人公の成歩堂くんのスーツの色のイメージでした。

ーーそんなエンディングテーマ「スターティングブルー」は、ロックテイストの曲。歌い方も前回のシングル曲「キミの隣」とは違う力強さを感じましたが、何か意識したことはありますか?

halca:恋愛の曲の時は、女の子らしさを意識するためにスカートを履いていったりとか、ほんの少しですけど見た目から気持ちを作ることもあります。「スターティングブルー」のレコーディング当日は何を着ていたか……忘れちゃいました(笑)。ただ、目にグッと力を入れて、キリッとした表情で力強く歌うように心がけました。

ーーそういう表情になるくらい、格好いい曲ということですね。

halca:はい。楽曲の格好良さについていきたくて、特にサビは楽曲の世界観を意識して歌うようにしました。最初はちゃんと思い通りにできるかどうか不安だったんです。今回のサビは聴いていただいてわかる通り、力強く張りのある歌い方をしているんですが、今までの私とは違う声の使い方だったので……自分にとっても新しい挑戦だったんです。だから少しでもイメージに近づけて歌えるように、これまで以上に準備してレコーディングに臨みました。

ーー張る歌い方というのを、もう少し具体的に言うと?

halca:いつもは、おでこから声が出ているようなイメージを持って歌うんですけど、「スターティングブルー」は、鎖骨の下から「はぁ〜っ」って出ている感じです。説明が難しいんですけど、重心を下に置いてどっしり構える感じです。

ーーけっこうパワーがいりそうですね。

halca:そうなんです。この曲を歌うと、すごく汗だくになります。ブレスが上手にできなくて、息が吸えずにクラクラしたことが過去にありました。それも含めて、もっと体力を付けて、肺活量が増えるように鍛えないといけないなって思います。

ーーこの曲は、どんどん歌声がエモーショナルになっていって、最後のサビで〈もっと〉と歌っているところは、すごく情感たっぷりでいいですね。

halca:ありがとうございます。最後のサビ前の〈もっと〉は、すごく気持ちを込めて強めに歌ったんです。サビが何度か繰り返されるのですが、全部同じではなく、どこかを変えたいと思っていました。1サビと2サビの歌い方を替えたり……。ただ、レコーディングでは少しやりすぎてしまったみたいです(笑)。いくつもパターンを録って、スタッフさんと相談しながら、ちょうどいいところを見つけていく感じでした。

 この楽曲のサビは全体的に力を入れて強く歌おうとは思っていたんですけど、私の中でのMAXでも、弱く聴こえてしまうところがあって。それでサビを強調させるために、AメロやBメロはいつもの歌い方に近く柔らかく歌っていて、その上でサビをバーンと力を込めて歌うことで力強さが強調されたと思います。

ーーあと〈今なら間に合うかな〉というところは、セリフっぽいニュアンスで歌っていて、ここもすごくいいですね。

halca:そこは自分で、そう歌おうと考えたんです。〈間に合うかな〉のところは音が少なくなって声が誇張されるところだし、フレーズの語尾に〈?〉が付いているから、話している風のほうが伝わりやすいんじゃないかと思いました。それと〈〜かな?〉だから、自然と話している風に歌いたくなりました。

 今回は、前作とは違う歌い方にたくさん挑戦しているので、「キミの隣」を聴いた方が、「スターティングブルー」を聴いて、こんな歌い方もできるんだ! とか、次はどんな歌い方をするのかな? とか、こんな曲を歌っているところが聴きたいなとか、想像してもらえたら、すごくうれしいです。

ーー深夜帯に放送されるアニメと夕方帯に流れるアニメでは、観る層が変わりますが、たとえば今回は子どもにも言葉が伝わるように歌おうということは考えましたか?

halca:実は、滑舌についてはあえて意識しすぎず、歌わせていただいています。これは私の悪いくせで、もともと滑舌があまりよくないことを補おうとして、はっきりと歌いすぎてしまうところがあるんです。だから毎回レコーディングの1回目は、ハキハキ歌いすぎて、歌声に表情がつきづらくなってしまうんです。いつも「もっと滑舌を気にせず、自由にやっていいんだよ」と、ディレクターの方に言われて、やっといつもの歌い方になって、ノリよく自由にやれるようになっていきました。ただハキハキ歌うよりも、自由な楽しさが伝わったらいいなと思って歌っています。

ーーちなみに『逆転裁判』にかけて、最近「異議あり!」と思ったことは?

halca:サビ抜きでお寿司を頼んだのに、若干ついていたことがありました。ワサビが苦手だからサビ抜きで頼んでいるのに、少しでも付いていたらダメじゃないですか。それは「異議あり!」でした(笑)。

「halcaがアニメ『逆転裁判』EDで挑戦した新たな歌い方や表現「自由な楽しさが伝わったらいいな」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版