>  >  > 斉藤和義、デビュー25周年日本武道館レポ

斉藤和義は自らのロックミュージックのスタイルを貫いてきた デビュー25周年ツアー日本武道館レポ

関連タグ
斉藤和義
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 斉藤和義のデビュー25周年を記念した全国ツアー『KAZUYOSHI SAITO 25th Anniversary Live 1993-2018 25<26 〜これからもヨロチクビーチク〜』、東京・日本武道館2days公演の2日目。前日に続き、この日も2階席の端までビッシリと埋まっている。「武道館でよかった。ふだんはNHKホールとか中野サンプラザなんだけど、チケットぜんぜん取れないから」というのは、筆者の後ろの席の女性客の声。自らのスタイルを飄々と貫き、流行やトレンドに左右されることなく、ライブ中心の活動によって、届けるべき人に自分の音楽を届ける。その(現時点における)集大成がこの日の日本武道館公演だったのだと思う。

 開演時間の18時半ちょうど、オープニング映像とともに斉藤和義のキャリアが紹介され、ついにライブがスタート。ヘビィなギターサウンドと骨太のリズムセクションがガシッとぶつかり合う「FIRE DOG」、ストーンズタイプのリフを軸にしたロックンロール「Hello!Everybody!」、斉藤のブルースハープが響いたシャッフルナンバー「アゲハ」を続けざまに演奏。会場はいきなり大きな歓声と拍手で包まれる。身体を揺らしたり、手拍子したり、口ずさんだりと、観客ひとりひとりが好きなように楽しんでいる光景も印象的だ。

 「せっちゃん、25周年おめでとう!」という男性客の野太い声に反応し、「えー、ありがとう。たくさん集まってくれて……武道館で2日間もやれるなんて幸せです」と挨拶。「いま日本はたいへんなことがいろいろ起きていますが、ここに来れたみなさんは、そのぶん、楽しんでいきましょう」という言葉の後も、25年のキャリアのなかから新旧の楽曲が次々と披露される。素朴で男っぽいフォークソング「男節」、タイトル通り、ブルージーなサウンドを軸にした「tokyo blues」、斉藤和義流のウォール・オブ・サウンドと呼びたくなるポップチューン「真夜中のプール」。フォーク、ブルース、ポップス、ロックンロール、ハードロックなどの幅広い音楽を自然に反映させたバンドサウンド、身の回りの日常、そのなかで生まれた感情に普遍性を持たせるソングライティング。豊かなルーツミュージックをたっぷり含ませながら、自分にしか生み出せない歌に結びつけるーーきわめて真っ当なやり方を貫いてきた斉藤和義の25年の成果とも言えるシーンが続く。真壁陽平(Gt)、崩場将夫(Key)、山口寛雄(Ba)、河村吉宏(Dr)による演奏も素晴らしい。楽曲の背景にあるものをしっかりと理解し、それぞれのプレイヤビリティを自由に加えたアンサンブルはまさに絶品だった。

 斉藤、真壁、崩場の3人による「ウエディング・ソング」、斉藤の弾き語りによる「彼女」をじっくり聴かせ、バンドメンバーの25年前の写真をネタにしたトークの後(斉藤の写真はナシ。自分よりメンバーを紹介するところに彼の人柄がにじみ出ていると思う)ライブ後半ではエンターテインメント性に富んだステージが繰り広げられる。カラフルなギターのメロディが響き渡るオールディーズ風ナンバー「Alright Charlie」、オーセンティックなロックンロールをポップに昇華したヒット曲「ずっと好きだった」(←この2曲の流れは本当に良かった)。さらに「Stick to fun! Tonight!」の途中ではメンバー全員が楽器を置いてステージ前方に出てきて、打ち込みのトラックとともに「ダンシング・ヒーロー」(荻野目洋子)をダンス付きで披露、解放的なムードを演出してみせる。このままハッピーに盛り上がるかと思いきや、シリアスかつエッジーな手触りの「幸福な朝食 退屈な夕食」「やさしくなりたい」をぶちかまし、続いて「スナフキンソング」「歩いて帰ろう」「ベリー ベリー ストロング〜アイネクライネ〜」というロックとポップが絶妙なバランスで絡み合う代表曲へとつなげる。そして本編ラストは「COME ON!」。ロックミュージックの気持ち良さをたっぷりと詰め込んだ楽曲によって、ライブの興奮はピークに達した。

      

「斉藤和義は自らのロックミュージックのスタイルを貫いてきた デビュー25周年ツアー日本武道館レポ」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版