>  >  > MACOがファンに伝えた感謝の思い

MACOはシンガーとして、女性として“成長”し続けるーー思い出の地でファンに伝えた感謝の思い

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MACOが8月14日、恵比寿LIQUIDROOMにてファンクラブ会員限定のプレミアムワンマンライブを開催。公演のサブタイトルに掲げられた“好きになってくれてありがとう!”という思いを約1,000人のファンに歌と言葉で伝えた。

 この日の公演は自身初のベストアルバム『BEST LOVE MACO』(2018年6月)の発売を記念して行われたこともあり、セットリストは収録曲が中心となった。ライブの1曲目を飾ったのは、MACOのキャリアを語る上では欠かせない「We Are Never Ever Getting Back Together (Japanese ver.)」。このテイラー・スウィフトのカバーは、MACOが書き上げた日本語詞による歌唱動画が大きな反響を呼び、その名を一躍有名にした曲だ。その動画で着ていた衣装をまとって登場したMACOに当時の面影を重ねたものの、この曲含め、この日歌われたほとんどの曲が少しテンポをおさえた大人っぽい表情にリアレンジされていた。続く「love letter」「ふたりずっと」も今のMACOが歌う曲として、いきいきと披露されていく。

 恵比寿LIQUIDROOMは、1stワンマンライブ『MACO初ワンマンライブ~LOVEが溢れてる~』が行われた地でもある。あれから3年。オリジナルアルバム3枚、今回のベストアルバム1枚と、数多くの楽曲を生み出し歌ってきた。それぞれの楽曲を聞いていると、歌唱力はもちろん、シンガーソングライターとしても目覚ましい進化を遂げたことが伝わってくる。MACOの楽曲のほとんどはラブソングだが、その時に自身が感じたことがその時に好きなサウンドに乗せて届けられることで、それぞれに違った発見がある。

 “渾身の4曲”として披露された「恋心」「Kiss」「ありがとう」、シェネルとのフィーチャリング曲「うれし涙」は、まさにMACO節ともいえる王道ラブソング。一方、リスナーの背中を押す応援歌「恋するヒトミ」、MACOのファン・MACOfamへの思いを歌った「family」やダンサブルな「We Gonna Be Happy」などのライブ映えするアッパーチューン。バラエティ豊かなラインナップで会場を盛り上げていった。

 須藤優(Ba)、渋谷憲(Dr)、滝本成吾(Key)、山口隆志(Gt)からなるバックバンドたちのソロパートも堪能できたインストゥルメンタルを挟み、「love letter」の衣装をリメイクしたスカート姿でMACOが登場して始まったバラードコーナーでは、「Sweet Memory」「この世界中で」「手紙」「恋の道」を歌い上げた。この数年で表現力もぐんとアップし、それぞれの情景が色濃く浮かび上がる。

 『BEST LOVE MACO』には収録されていないが、1stライブの1曲目に披露した思い出深い曲として披露した「君の背中に」から後半戦へ。「恋人同士」「PEEKABOO」などでライブの楽しさをファンと存分に共有し、MACOが「ライブは幻だと思ってる。ライブという出来事は儚い。10年後も今日のライブを思い出してくれる?」と語りかけると、それに応えるように大きな歓声が送られた。先日函館の観光大使に任命されたMACOが、地元の大先輩・GLAYの名曲カバーに挑戦した「HOWEVER」では、オリジナルをリスペクトしながらもMACOならではの歌を聞かせた。

 ファンに向けてデビュー5年目、より多くの人々に歌を届けていく決意を告げた後、自分にとって恋愛は木の枝と葉が伸びていくようなもので、一つの恋愛からテーマがたくさん浮かんでくるのだと明かしたMACO。「恋愛してるといろいろあるけど、ふとした時に突拍子のないことを言われると恋って楽しいなと思う。この先も恋愛の曲を書いていくんだなと思います。みんなの幸せを祈りながら歌います」と語り、「君のシアワセ」で本編ラストを迎えた。

      

「MACOはシンガーとして、女性として“成長”し続けるーー思い出の地でファンに伝えた感謝の思い」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版