>  >  > MACOが歌い継ぐ珠玉のラブソング

ドリカム吉田美和からGLAYまで……MACOが歌い継ぐ北海道出身アーティスト珠玉のラブソング

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年デビュー5年目を迎えるシンガーソングライターのMACOが、6月20日にベストアルバム『BEST LOVE MACO』をリリースした。これまで幅広い世代の共感を呼ぶ歌詞や、伸びやかで情感あふれる歌声で支持を集めてきた彼女。自身初となるベストアルバムには、大ヒットした1stシングル「LOVE」をはじめ、”わしまこ”コンビとしてファンにはおなじみ、E-girls鷲尾伶菜とのコラボ曲「Dear My Friend feat. 鷲尾伶菜 (E-girls / Flower)」、テレビ東京系ドラマ『東京センチメンタルSP~御茶ノ水の恋~』の主題歌に抜擢された「君のシアワセ」など全17曲が収録された。発売にあたっては、「私がデビューしてからいままで好きでいてくれてるみんなに、感謝の気持ちを込めてこの作品をリリースします。昔のMACOといまのMACOが詰まったベストアルバム、ぜひたくさんの人に届きますように」とのコメントを発表。シンガー・MACOの5年間の歩みをギュッと詰め込んだ、まさに集大成的な作品に仕上がっている。

 2014年にメジャーデビューしたMACOだが、そのきっかけとなったのはYouTubeに投稿されたテイラー・スウィフトの「We Are Never Ever Getting Back Together」の日本語カバーだったことはよく知られている。本作はテイラー本人からお墨付きをもらったばかりか、公開されるやいなや大反響を巻き起こし、現在までに1600万回再生に達するヒットを記録。洋楽に独自の日本語詞を付ける試みは、若い世代を中心に大きな話題となった。このほか、アリアナ・グランデやマイリー・サイラスらもレパートリーに持つ彼女だが、実は日本人アーティストのカバーでも高い評価を得ている。

Taylor Swift – We Are Never Ever Getting Back Together (MACO Japanese Cover)

 たとえば、昨年5月にリリースした3枚目のシングル「恋するヒトミ」には、AIの「Story」のカバーが収録され、「良い意味で違う曲に聴こえる」「透明感がすごい」と、ファンを魅了した。また、BS-TBSの人気音楽番組『SEIKO presents Sound Inn “S”』に出演した際には、徳永英明の「壊れかけのRadio」を披露。この時のパフォーマンスが評判を呼び、同番組初の映像配信も行われたという。

 極めつけは、2ndアルバム『love letter』リリース時、iTunes限定で収録されたDREAMS COME TRUEの「未来予想図II」のカバーに挑戦したこと。楽曲を聴いた中村正人がブログで言及し、「もはやカバーしたなんていう表現も必要ありません」と絶賛し、DREAMS COME TRUEを愛するアーティストが思い入れのある楽曲を独自の解釈でカバーしたコンピレーションアルバム『The best covers of DREAMS COME TRUE ドリウタVol.1』の中にも収録されることに。原曲へのリスペクトを持ちながら、類い稀な歌声で自分の色に染め上げるMACOのカバーが、リスナーだけでなく、アーティスト自身からも求められるものであることがよくわかる。

DREAMS COME TRUE – 『未来予想図II』( MACO Cover)

 そんな彼女が今作『BEST LOVE MACO』で挑んだのは、GLAY初のミリオンセラーともなった1997年のヒットソング「HOWEVER」。カバーの経緯については、「常に家で流れていた音楽で、26歳になった私はふいにこの曲を去年の終わり頃聴いた時、こんな歌詞だったんだって涙が止まらなくて。幼かった頃わからなかった言葉の意味とか、いまの自分にフォーカスして聴いてしまったりもして。改めてこの曲をカバーしたいと思いました」と語るなど、思い入れの強さも伝わってくる。実際聴いてみると、永遠の愛を歌う壮大な世界観のなかに、女性目線の切なさ、柔らかさが加わり、また違った表情を見せてくれていることに気づく。今後は原曲同様、ウエディングソンングとしても引き合いが増えそうな予感だ。奇しくも、先に述べたDREAMS COME TRUEの吉田美和、そしてGLAYとも、MACOと同じ北海道出身。同郷のアーティストの楽曲を積極的にカバーする姿勢には、先人へのリスペクトとともに、歌手を夢見ていたころに抱いていた憧れや、歌うことへの喜びがあふれているようにも思える。いずれ彼らと肩を並べる北海道を代表するラブソングの名手となる日もそう遠くないだろう。

 今後は『BEST LOVE MACO』リリース記念のイベントが全国各地で開催されるほか、8月14日には初ワンマンを行った思い出の地、恵比寿リキッドルームにて一夜限りのスペシャルワンマンライブも決定。節目の年を迎え、さらなる高みへと飛び立とうとするシンガー・MACOから目が離せない。

■渡部あきこ
編集者/フリーライター。映画、アニメ、漫画、ゲーム、音楽などカルチャー全般から旅、日本酒、伝統文化まで幅広く執筆。福島県在住。

■リリース情報
『BEST LOVE MACO』
配信はこちら

発売:6月20日(水)
初回限定盤(CD+DVD+フォトブック+三方背スリーブケース)¥3,500(税別)
※フォトブック(全撮り下ろし32ページ、フルカラー)
通常盤(CD)¥2,500(税別)

<収録曲>
(全17曲 / 曲順未定)
LOVE
ふたりずっと
Kiss
We Are Never Ever Getting Back Together (Japanese Ver.)
ありがとう
うれし涙
この世界中で
恋心
love letter
恋人同士
手紙
Sweet Memory
恋するヒトミ
恋の道
君のシアワセ
HOWEVER
Dear My Friend feat. 鷲尾伶菜 (E-girls / Flower)

<DVD収録内容>※初回限定盤のみ
ミュージックビデオ:
LOVE、ふたりずっと、Kiss、ありがとう、恋心、恋人同士、love letter、手紙、恋するヒトミ、恋の道、Sweet Memory、Sweet Memory (MACO Ver.)

スペシャルムービー:
MACOの楽曲「Kiss」を原案に制作されたYouTubeドラマ『ラストキス』全3話

■イベント情報
MACOベストアルバム『BEST LOVE MACO』発売記念リリースイベント
6月19日(火)北海道札幌市/札幌 パセオ センター B1F テルミヌス広場 19:00~
6月20日(水)北海道函館市/あうん堂ホール 19:00~
6月23日(土)埼玉県越谷市/イオンレイクタウン mori  1F木の広場 13:00~
6月24日(日)大阪府大阪市/あべのキューズモール 3Fスカイコート 13:00~
6月30日(土)愛知県一宮市/イオンモール木曽川1階ノースコート 16:00~
7月1日(日)広島県安芸郡/イオンモール広島府中 専門店1Fスターギャラリー 13:00~
7月7日(土)三重県鈴鹿市/イオンモール鈴鹿 専門店街1F 中央コート 13:00〜
7月16日(月・祝)福岡県福岡市/キャナルシティ博多B1F サンプラザステージ 13:00~

■その他情報
『RUNWAY MACO channel POPUP SHOP』
2018年6月21日(木)~26日(火)
所在地:東京都渋谷区宇田川町16-15 SR6
※詳細はこちら

RUNWAY channel 
RUNWAY channel Lab. SHIBUYA

『MACO CAFÉ』
【第1弾】
・7月8日(日)東京 初の2部制
 ・恋心相談室(女子限定)
 ・男子は夢みるマーメイド(男子限定)

【第2弾】
「BEST MACO CAFE〜全国でやるって約束したから〜」
 ・7月27日(金)福岡
 ・7月28日(土)大阪
 ・7月29日(日)名古屋
 ・7月31日(火)東京
 ・ 8月1日(水)仙台
 ・ 8月3日(金)札幌

【第3弾】
「BEST MACO CAFE〜中国でやるって約束したから〜」
 MACOfam in Chinaの発足を記念して、8月5日(日)上海でMACOCAFEを開催。
 ※中国のMACOfam限定

『MACO パネル展』
全国のTSUTAYA RECORDS/Wonder Gooにて開催。
(開催店舗についてはMACO official HP参照)

■関連リンク
MACO公式サイト
MACO公式Twitter
MACO公式YouTube
MACO公式ブログ
MACO公式facebook
MACO公式Instagram
MACOユニバーサル公式サイト

「ドリカム吉田美和からGLAYまで……MACOが歌い継ぐ北海道出身アーティスト珠玉のラブソング」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版